初回から成功するアディティブ・マニュファクチャリング (AM)

オンデマンド・ウェビナー | 32 分

プリントが「初回から成功する」製品やシステムはどのようなものかを学び、金属アディディブ・マニュファクチャリング・ツールで初回のプリント品質を向上する方法を知ることができます。

プリントの初回成功によるアディティブ・マニュファクチャリングの産業化
プリントの初回成功による金属アディティブ・マニュファクチャリングの産業化


このウェビナーでは、金属アディディブ・マニュファクチャリング (AM) の導入がうまくいかない主な理由に迫ります。

実際の顧客から聞くところによると、品質管理基準を満たす部品をプリントするまでに、5回から8回以上ものやり直しが発生しているようです。これまで、高い品質のプリントの達成には業界全体として苦戦してきました。このため、アディディブ・マニュファクチャリングの導入に二の足を踏む企業も多く、投資の回収も容易ではありません。

しかし、良い知らせがあります。「初回成功する」3D金属プリントに役立つ製品とシステムが登場しました。このウェビナーでは、対象物のプリント品質を向上させる方法とそのツールを説明します。

学べる内容

  • 初回のプリント成功をサポートする3D金属プリント技術
  • 初回からプリントを成功させるために必要な準備 (設計、シミュレーション、組み立て)
  • シミュレーションを使用して被プリント部品の設計とプロセスを改善することで、部品の品質に貢献する方法

シーメンスの3D金属プリント技術ソフトウェアで金属アディディブ・マニュファクチャリングを初回成功に導く方法を紹介するこのウェビナーの対象者

設計者、エンジニア、解析担当者、製造担当者をはじめ、3D金属プリントの品質向上に課題を抱えている皆さま

この分野のエキスパートであるシーメンスのAshley Eckhoffに3D金属プリント技術について話を聞く

Ashleyは、これまで20年以上にわたり、シーメンスの複数の事業に従事してきました。直近の数年間は、アディディブ・マニュファクチャリングを深く掘り下げ、この分野で複数の特許を共同で取得しています。

Realize LIVE and User2User | May 26, 2021 | Virtual

Realize LIVE + User2User – Registration Now Open!

Realize LIVE and User2User – Registration Now Open!

For the first time, the Realize LIVE and User2User (U2U) events are becoming one unified content-rich experience. In the company of your peers from across the Siemens Digital Industries Software portfolio, which now includes Siemens EDA, you’ll enjoy a wealth of training and education, inspiration and insight - keeping you on the leading edge of digital transformation.