キャビン / 車室内の先進的な熱管理戦略

オンデマンド・ウェビナー | 23 分

組み込みCFDを使用して、詳細なキャビン / 車室内部をシステムシミュレーションモデルに統合

組み込みCFDを使用したキャビン / 車室内の温度評価
組み込みCFDを使用したキャビン / 車室内の温度評価

車両の電動化という世界的な流れは、性能、バッテリーの安全性、製品寿命、航続距離に複雑な新たな課題を突き付けています。航続距離は電動車両の普及にとって重要な要素であるものの、それにより乗り心地が犠牲になってはなりません。

キャビン / 車室内の状況を区画別にシミュレーションするやり方は、気候室での試験に代わるコスト効果の高い方法です。シミュレーションによって、快適性能と航続距離に与える影響ををエンジニアが評価し、最終CAD設計データを入手する前であってもより細かいキャビン熱管理戦略を作り上げることができます。

このウェビナーでは、組み込みCFDを使って詳細なキャビンモデルをシステムシミュレーション環境に統合することで、キャビン内の状態を予測する方法をデモ形式で紹介します。車両の熱管理モデルの精度を高め、HVACシステムが消費電力と航続距離に及ぼす影響を評価できます。さらに、スマートキャビンの熱管理戦略についても、例を挙げて説明します。

想像力だけでは限界があります。