高忠実度の乗員快適性およびHVAC / インテリア・コンポーネントのパフォーマンス

オンデマンド・ウェビナー | 21 分

クイック3D CFDシミュレーションを使用したキャビンのシミュレーション

Simcenter STAR-CCM+を使用して、高忠実度モデルでHVAC設計による快適性を評価
Simcenter STAR-CCM+を使用して、高忠実度モデルでHVAC設計による快適性を評価

優れた設計のキャビンは、今日の電気自動車に対し標準的に期待されるものです。クラス最高の自動車のキャビン設計では、高温と低温の両運転条件における乗員快適性を考慮しています。これらの設計では、自動車のエネルギー消費を最小限に抑えながら、推奨温度範囲内で重要な電子部品を維持します。

システム・シミュレーションは、設計者が自動車の全体的なエネルギー使用量を最小限に抑えるのに役立ちます。しかし、設計が成熟するにつれ、HVAC設計による快適性、および電子部品周辺の詳細な熱フローを評価するために高忠実度のモデルが必要になります。これらの評価を設計に反映させるには、数日 (数週間ではなく) 以内に実施して、新設計の影響を迅速に検討し、競合他社に先んじて、より優れた新しい設計を考案する必要があります。高忠実度のソリューションでは、最初の試作機が作成される前に、単一のシミュレーションで何百ものコンポーネントや乗員について検討することができます。

このウェビナーでは、以下について説明します。

  • システム・シミュレーションを高忠実度の3Dキャビンモデルに拡大適用することで、より効果的に予測シミュレーションに役立てる方法
  • 表面処理と数百のソリッドの統合を自動化することで、アーキテクチャとエネルギー性能に加えて、熱・温度分布プロファイルの評価を可能にする方法