インフォグラフィック

インテリジェントで複雑なECAD-MCAD統合を可能にするデジタル・トランスフォーメーション

製品開発者は、スマートなコネクテッド・ソリューションを顧客に提供するために、人工知能や自動化技術を取り入れています。こうしてさらに技術中心の製品が生まれ、その複雑な設計も進化していきます。顧客の期待に応えるべく邁進する企業が今直面しているのは、あらゆる領域で発生している「プロセスのサイロ化」の問題です。

この双方向インフォグラフィックでは、「プロセスのサイロ化」の問題を克服して、デジタル・ツインを活用する統合ワークフローを確立した大手企業の事例を紹介します。

設計の「サイロ化」を解消する方法

企業は、電子データ、シミュレーションデータ、機械データの同期化は「データ整合性エラーの修正にかなりの時間がかかる深刻な製品設計課題である」と捉えています。業界トップクラスの企業は、電子データ、シミュレーションデータ、機械データを漸進的に交換するプロセスを導入している割合が82%高くなっています。詳しくはこちらの双方向インフォグラフィックをお読みください。

処方的分析により製品設計の意思決定を改善

デジタル・ツインは、設計変更の影響、使用シナリオ、環境条件、その他の無数の不確定要素を表すことができます。このため物理的なプロトタイプが不要になり、開発時間も短縮して、最終製品やプロセスの品質が向上します。製品設計でデジタル・ツインを活用して、意思決定を改善する方法の詳細をご覧ください。

ありがとうございます!

インフォグラフィックを表示

こちらのリソースは現在提供中です。

製品開発者は、スマートなコネクテッド・ソリューションを顧客に提供するために、人工知能や自動化技術を取り入れています。こうしてさらに技術中心の製品が生まれ、その複雑な設計も進化していきます。顧客の期待に応えるべく邁進する企業が今直面しているのは、あらゆる領域で発生している「プロセスのサイロ化」の問題です。

この双方向インフォグラフィックでは、「プロセスのサイロ化」の問題を克服して、デジタル・ツインを活用する統合ワークフローを確立した大手企業の事例を紹介します。

設計の「サイロ化」を解消する方法

企業は、電子データ、シミュレーションデータ、機械データの同期化は「データ整合性エラーの修正にかなりの時間がかかる深刻な製品設計課題である」と捉えています。業界トップクラスの企業は、電子データ、シミュレーションデータ、機械データを漸進的に交換するプロセスを導入している割合が82%高くなっています。詳しくはこちらの双方向インフォグラフィックをお読みください。

処方的分析により製品設計の意思決定を改善

デジタル・ツインは、設計変更の影響、使用シナリオ、環境条件、その他の無数の不確定要素を表すことができます。このため物理的なプロトタイプが不要になり、開発時間も短縮して、最終製品やプロセスの品質が向上します。製品設計でデジタル・ツインを活用して、意思決定を改善する方法の詳細をご覧ください。