ホワイトペーパー

未来の航空機のイノベーション: 次世代の航空機エンジニアリングを刷新

CO2排出削減の必要性にかられ、航空機業界でも電動化が進んでいます。電気推進航空機や水素燃料航空機といった未来の航空機を設計するためには、技術とプロセスの革新が必要です。

航空機エンジニアが直面する課題をテーマにしたこのホワイトペーパーは、モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) アプローチがメーカーとサプライヤーをいかに支援し、未来の航空機に革新をもたらすかを論じています。

包括的なデジタル・ツインを性能エンジニアリングに適用する方法、現実的なシミュレーションを通じて検証と妥当性評価を進める方法、設計領域のサイロ化を排除し、設計の複雑性に効率的に対処する方法が分かります。

電動化は次世代航空機の開発プロセスをどう変えるか

このホワイトペーパーは、航空機の電動化が開発プロセスに与える影響を考察し、それにともなう技術エンジニアリングの課題にいかに対処するかを学びます。具体的な例を挙げながら、モデルベース・システム・エンジニアリングのアプローチが航空機の熱管理と電動化システムの統合をどのように変革するかを説明します。設計プロセスのサイロ化を防ぐには、包括的なデジタル・ツインが必要です。


航空機の性能エンジニアリングプロセスを刷新する方法

次世代航空機にとって最も重要な性能をいかに設計するか、そこには多くの課題が立ちはだかります。開発の初期段階から、最終製品に携わる大勢のことを念頭に置かなければなりません。ドキュメント主体の静的なコミュニケーションに依存していては、統合後のシステム性能を動的に理解する大局的な視点を持てる人がいなくなります。

結論を言えば、動的なモデルベース・システム・エンジニアリングを可能にする拡張性のある連携ツールを使用して、未来の航空機の物理的な振る舞いをシミュレーション、最適化、試験する必要があります。この短いビデオを視聴して、動的で統合された性能エンジニアリングのデジタル・ツインの可能性を体感してください。


未来の航空機設計にモデルベース・システム・エンジニアリングを活用したメーカー: Airbus Helicoptersの事例

この技術を実装したメーカーから話を伺います。Airbus HelicoptersのStéphane Amerio氏とFranck Nicolas氏がモデルベース・システム・エンジニアリング手法を使って、最新のヘリコプター向けの燃料システムの設計サイクルをいかに加速させたかを説明します。ユーザー事例を読む。


詳細情報: 航空機の電動推進システムが設計プロセスに与える影響

航空機の推進システムを電動化すると、新しい設計領域を扱う必要が生じます。エンジニアは、複数の電動モーターを機体に取り付ける革新的な概念を描き始めました。いずれも、電動モーターの高い汎用性を活用して、短距離離陸・垂直着陸 (STOLまたはVTOL) の機能を実現しようとするものです。こちらのブログ記事を読むと 新しい電動航空機の推進システムが設計プロセスに与える影響を知ることができます。新しい設計手法がもたらすエンジニアリング複雑性にどう対処すべきか、具体的な例を用いて示します。


最新・次世代航空機の性能エンジニアリングに役立つSimcenterソリューションをさらに見る

空力、構造、システムに関して今日どのような選択をするかによって、最新航空機の性能が決まり、10〜40年先の航空機プログラムの成否が分かれる可能性があります。統合デジタライゼーション戦略を実行すると、エンジニアリングのリスクを低減してより良い設計案に迅速に到達できるなど、航空機プログラムが加速するため、設計終盤に発生するとコストが高くつく問題もあらかじめ排除できます。

Simcenterは、航空機の性能エンジニアリングに対する豊富な統合ソリューションを提供し、包括的なデジタル・ツインの生成を可能にします。

ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

CO2排出削減の必要性にかられ、航空機業界でも電動化が進んでいます。電気推進航空機や水素燃料航空機といった未来の航空機を設計するためには、技術とプロセスの革新が必要です。

航空機エンジニアが直面する課題をテーマにしたこのホワイトペーパーは、モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) アプローチがメーカーとサプライヤーをいかに支援し、未来の航空機に革新をもたらすかを論じています。

包括的なデジタル・ツインを性能エンジニアリングに適用する方法、現実的なシミュレーションを通じて検証と妥当性評価を進める方法、設計領域のサイロ化を排除し、設計の複雑性に効率的に対処する方法が分かります。

電動化は次世代航空機の開発プロセスをどう変えるか

このホワイトペーパーは、航空機の電動化が開発プロセスに与える影響を考察し、それにともなう技術エンジニアリングの課題にいかに対処するかを学びます。具体的な例を挙げながら、モデルベース・システム・エンジニアリングのアプローチが航空機の熱管理と電動化システムの統合をどのように変革するかを説明します。設計プロセスのサイロ化を防ぐには、包括的なデジタル・ツインが必要です。


航空機の性能エンジニアリングプロセスを刷新する方法

次世代航空機にとって最も重要な性能をいかに設計するか、そこには多くの課題が立ちはだかります。開発の初期段階から、最終製品に携わる大勢のことを念頭に置かなければなりません。ドキュメント主体の静的なコミュニケーションに依存していては、統合後のシステム性能を動的に理解する大局的な視点を持てる人がいなくなります。

結論を言えば、動的なモデルベース・システム・エンジニアリングを可能にする拡張性のある連携ツールを使用して、未来の航空機の物理的な振る舞いをシミュレーション、最適化、試験する必要があります。この短いビデオを視聴して、動的で統合された性能エンジニアリングのデジタル・ツインの可能性を体感してください。


未来の航空機設計にモデルベース・システム・エンジニアリングを活用したメーカー: Airbus Helicoptersの事例

この技術を実装したメーカーから話を伺います。Airbus HelicoptersのStéphane Amerio氏とFranck Nicolas氏がモデルベース・システム・エンジニアリング手法を使って、最新のヘリコプター向けの燃料システムの設計サイクルをいかに加速させたかを説明します。ユーザー事例を読む。


詳細情報: 航空機の電動推進システムが設計プロセスに与える影響

航空機の推進システムを電動化すると、新しい設計領域を扱う必要が生じます。エンジニアは、複数の電動モーターを機体に取り付ける革新的な概念を描き始めました。いずれも、電動モーターの高い汎用性を活用して、短距離離陸・垂直着陸 (STOLまたはVTOL) の機能を実現しようとするものです。こちらのブログ記事を読むと 新しい電動航空機の推進システムが設計プロセスに与える影響を知ることができます。新しい設計手法がもたらすエンジニアリング複雑性にどう対処すべきか、具体的な例を用いて示します。


最新・次世代航空機の性能エンジニアリングに役立つSimcenterソリューションをさらに見る

空力、構造、システムに関して今日どのような選択をするかによって、最新航空機の性能が決まり、10〜40年先の航空機プログラムの成否が分かれる可能性があります。統合デジタライゼーション戦略を実行すると、エンジニアリングのリスクを低減してより良い設計案に迅速に到達できるなど、航空機プログラムが加速するため、設計終盤に発生するとコストが高くつく問題もあらかじめ排除できます。

Simcenterは、航空機の性能エンジニアリングに対する豊富な統合ソリューションを提供し、包括的なデジタル・ツインの生成を可能にします。

ご質問はありますか?