航空機のパフォーマンスエンジニアリング

航空機のパフォーマンスエンジニアリング

空力、構造、システムに関して今日どのような選択をするかによって、明日の航空機の性能が決まり、10〜40年先の航空機プログラムの成否が分かれる可能性があります。統合デジタライゼーション戦略を実行すると、航空機プログラムが加速し、エンジニアリングのリスクも低減してより良い設計を迅速に作成できるようになります。このため、設計サイクルの後半に発生するとコストが高くつく問題も予め排除することができます。

空力、構造、システムに関して今日どのような選択をするかによって、明日の航空機の性能が決まり、10〜40年先の航空機プログラムの成否が分かれる可能性があります。統合デジタライゼーション戦略を実行すると、航空機プログラムが加速し、エンジニアリングのリスクも低減してより良い設計を迅速に作成できるようになります。このため、設計サイクルの後半に発生するとコストが高くつく問題も予め排除することができます。

ウェビナー

「過酷な条件下での航空機の耐久性と腐食」という難しい問題を解決します。

腐食シミュレーション

CFDとコロージョン・ツール・キット (cKit) による解析を組み合わせて、より堅牢な設計を実現する方法を学びます。

航空機のパフォーマンスエンジニアリング

Learn More

現代の機体メーカーは、システムと構造の究極の複雑化に直面しています。業界は電動化、燃費、システム統合、新たな構造および空力構成の方向へと進んでいます。現代の航空機設計のパフォーマンスエンジニアリングの課題を解決するには、新たなデジタル化戦略が必要です。それなしでは、プログラムの遅延、設計し直し、パフォーマンスの低下、予算の増大、納期の長期化などを招く恐れがあります。

正しいデジタル化戦略を実行しているエンジニアリンググループは、設計プロセスの初期段階からより優れた設計を実現し、開発サイクルの後半に発生するとコストが高くつく問題を予め排除しています。シーメンスのソリューションポートフォリオは、拡張可能な航空機デジタル・ツインを作成するツールを提供し、構造、空力、システムパフォーマンス、熱の管理から検証、認証の管理まで、ミッションクリティカルな性能目標を達成する支援をします。

シーメンスの製品を使用すると、航空機メーカーは、航空機のあらゆる性能を仮想で、拡張可能な形で (個々のコンポーネントから完全に統合された航空機まで、概念設計から認証まで) 解析できます。複数の物理分野をカバーし、機能レベルと詳細動作レベルに対応することができます。製品のデジタル・ツインを使用すれば、航空機のパフォーマンスをより速く、より低いコストで最適化できる革新的なエンジニアリングソリューションを発見できます。

航空機のパフォーマンスエンジニアリング

オンデマンド・ウェビナー | 35 分

航空機客室内における咳飛沫の飛散を高忠実度のCFDシミュレーションで解析

数値流体力学 (CFD) シミュレーションを使用して、航空機客室内における粒子の伝播を解析

ウェビナーを視る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。