継続的な品質改善

製品の計画、開発、製造を最適化して継続的な品質改善を実現

製品ライフサイクルの継続的な改善フェーズは、製品の納入から始まります。品質という観点から、使用中の製品サポートは、主に顧客管理の範囲内で行われます。

顧客とサプライヤー間の情報交換は、製品設計プロセスでの主な入力ソースとなります。学んだ教訓として、製品およびプロセス品質の最適化と改善は、進行中よび今後の開発に反映されます。

今日、品質システムを使用する段階は、製品設計段階に移行しつつあります。将来的にコンピューター支援QMシステムは、主に製品計画、製品開発、製品製造の分野で使用されるようになるでしょう。

ISO 9001、VDAおよびIATF 16949:2016要件は、製品開発フェーズでの品質管理システムの使用を規定しており、関連するすべての品質データの完全なドキュメント化と分析を求めています。

継続的な品質改善

製品ライフサイクルの継続的な改善フェーズは、製品の納入から始まります。品質という観点から、使用中の製品サポートは、主に顧客管理の範囲内で行われます。

顧客とサプライヤー間の情報交換は、製品設計プロセスでの主な入力ソースとなります。学んだ教訓として、製品およびプロセス品質の最適化と改善は、進行中よび今後の開発に反映されます。

今日、品質システムを使用する段階は、製品設計段階に移行しつつあります。将来的にコンピューター支援QMシステムは、主に製品計画、製品開発、製品製造の分野で使用されるようになるでしょう。

ISO 9001、VDAおよびIATF 16949:2016要件は、製品開発フェーズでの品質管理システムの使用を規定しており、関連するすべての品質データの完全なドキュメント化と分析を求めています。

Brochure

Quality in the Future of Manufacturing

When our customers manufacture products with the desired quality and at the highest level of productivity, we refer to this as their productivity advantage.

組み込みソフトウェアに興味がありますか?

登録して組み込みソフトウェアの最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。