本文へ移動

ラボ管理

消費財のラボ管理

製品が消費者の健康に及ぼす影響や、高品質の原料に対する需要、質の高い製造工程や持続可能性など、製品品質への消費者の関心は急激に増加しています。政府機関も非政府機関も新しい規制に取り組んでいます。ラボの工程をデジタライゼーションすることで、製品および製造の検証と品質管理が保証され、企業は目の肥えた新たな顧客層であるミレニアル世代を魅了するやり方で、新製品をいち早く市場に投入できます。

製品が消費者の健康に及ぼす影響や、高品質の原料に対する需要、質の高い製造工程や持続可能性など、製品品質への消費者の関心は急激に増加しています。政府機関も非政府機関も新しい規制に取り組んでいます。ラボの工程をデジタライゼーションすることで、製品および製造の検証と品質管理が保証され、企業は目の肥えた新たな顧客層であるミレニアル世代を魅了するやり方で、新製品をいち早く市場に投入できます。

オンデマンド・ウェビナー

新たなラボ管理でデジタル・イノベーション

新たなラボ管理でデジタル・イノベーション

デジタライゼーションの実現には、ラボ管理の新たなアプローチが必要です。Food Engineeringとシーメンスが提供する無料のウェビナーを視聴して、新しいラボ管理によるデジタライゼーションを学びましょう。

消費財のラボ管理

Learn More

限られた労働力でコストを削りながら、増え続ける作業をこなさなければならないという多大なプレッシャーに世界中のラボが直面している状況のもと、規制の厳格化と複雑化も顕著になっています。店頭に並ぶ消費財や食品には安全性を示す表示が求められ、消費者は購入する製品に対して高い期待を寄せています。

消費者はますます健康志向となり、環境への意識も高まっています。製品に多様性と高品質だけでなく、安価であることを求めます。

そのため、品質管理 (QC) ラボは、製品全体の適合性と品質を最低コストで保証しなければなりません。ラボでの研究開発こそが、新製品の迅速な市場投入を支援するイノベーションの源泉です。製品品質データは、正確かつ安全で、いつでも入手可能である必要があります。

高品質を掲げる製品メーカーは、リコールのリスクや、企業またはブランドに及ぼすダメージを考慮して、安全ではない低品質の製品の販売を避けようと、あらゆる手段を講じます。

消費財のラボ管理

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。