Intosite

地理情報システム(GIS)機能により、部門間や工場間のナレッジ共有とコラボレーションが可能

Tecnomatix Intositeソフトウェアは、クラウドベースのウェブアプリケーションです。生産施設を3Dでイメージ化し、地理的コンテキストの中で表示し、簡単で使いやすいGoogle Earth™を利用して、施設内をナビゲートできます。 Intositeは、お客様の社内における情報の共有、連携、コラボレーションを支援します。ベストプラクティス、ヒントやテクニックを共有することで、「群衆の叡智(みんなの意見)」を生かすことができます。

Intositeは、あらゆるITシステムからも、情報に対する直観的なアクセスが可能です。 Intositeデザイン、Teamcenterによって管理されている製造施設などの情報を閲覧すると共に、資産の地理的位置を確認できます。

Intositeは、SaaS(サービスとしてのソフトウエア)型アプリケーションで、クラウド上にソフトウェアと関連データをホストしています。お客様は、ウェブブラウザを通じてアクセスできます。 このため、ハードウェアへの投資は不要となり、またソフトウェアのインストールとその後の保守も不要です。

ナビゲーションと可視化

IntositeはGoogle Earthをベースにして、生産施設の3Dナビゲーションを提供しています。 お客様の現在の(または将来の)生産施設を、地理的位置で可視化し、バーチャルツアーを体験できます。

生産情報への直観的なアクセス

IntoSite、生産情報への直観的なアクセス

Intositeは3D地理的コンテキストにビジュアルタグを作成できます。 このタグは、インターネットURLやファイル、構成データなどをポイント(紐付け)できます。 タグをクリックすることで、必要とする情報を瞬時に得ることができます。 Teamcenterユーザーは、TeamcenterからIntositeを起動して資産を可視化できます。Tecnomatix Intositeユーザーは、Teamcenterアクセスルールが管理する構成データを閲覧できます。

資産とシステムに関する情報の管理

Intosite-資産とシステムに関する情報の管理

Intositeは、地理情報システム(GIS)と製品ライフサイクル管理(PLM)システムの間で情報を橋渡しします。これにより、掘削装置、変電所、風力/太陽光発電所などの保守や現場サービスの担当者は、地理的に分散している資産やシステムに関する適切な情報を迅速かつ直感的に利用できます。 Intositeは、独自の視覚的操作によるわかりやすいインタフェースにより、エラーを最小限に減らして、効果的な保守計画やサービス実施活動をサポートします。

ナレッジ共有とコラボレーション

IntositeのGIS機能を使用して、異なる部門間や工場間でナレッジを共有できます。 将来の計画、研究、レポートなどのPLM情報を共有できます。 IntoSiteによって、工場などの現場の従業員も、ベストプラクティス、ヒントやテクニック、セントラルプランニングから載せられたデータへのコメントも共有できます。

構造化されたレイヤーのデータ管理

IntoSite -構造化されたレイヤーのデータ管理

Intositeは、各ユーザー企業のビジネスロジックに適したレイヤー構造を構築する機能を備えています。 ビジュアルタグは、レイヤー構造に従ってパーティションされており、必要とされる情報を直観的にコントロールできます。 IntoSiteは、ビジュアルタグ、会社アドレス、および地理的位置(座標)情報に対する高度な検索機能も搭載しています。

Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs