PLMのビジュアル化

ハイパフォーマンスのビジュアル化とデジタルモックアップによる設計データの最大限の活用

Teamcenter PLMのビジュアル化機能により、製品ライフサイクルですべての人が、作業に必要な豊富な設計データへのアクセスおよびコラボレーションが可能になります。 PLMのビジュアル化により、複数のCADフォーマットから仮想プロトタイプを作成することで、エンジニアリングと製造プロセスが合理化されます。 高価な実際のプロトタイプを削減し、また人間工学や仮想現実の設計レビューなどの専門的な調査を実施できます。

設計データの可視化とコラボレーション

製品ライフサイクル全体を通じて、情報に基づいた意思決定を行い、また問題を早期に見つけるために、関係するすべての人が2Dと3Dの設計データにアクセスできる必要があります。 JT技術により強化されたPLMのビジュアル化により、設計データの可視化や調査(測定値の取得、断面カット、製品製造情報の表示など)を簡単に行うことができます。 無料で使用可能なJT2Goを使用すれば、すべてのサプライヤーや外部のパートナーとの豊富な設計データでのコラボレーションが簡単に可能になります。

CADに依存しない強力なバーチャルプロトタイピング

Teamcenterの強力なバーチャルプロトタイピング(デジタルモックアップ)機能により、複数のCADシステムで作成されたモデルの場合でも、CADを使用しないユーザーが簡単に大規模なモデルを解析できます。 単純な測定値の取得や断面カットから、高精度なクリアランス解析に至るまで、すべてTeamcenterで実施することができます。 設計データのコラボレーションを実施する場合でも、複数のCADシステムの習得や、時間がかかりエラーが頻発するようなCAD to CADの変換の実施は必要ありません。 Teamcenter PLMのビジュアル化を使用することで、エラーの早期発見、実際のプロトタイプの削減、そして最終的にコストやスケジュール超過のリスク縮小が可能になります。

高度な解析と仮想現実

視覚的コラボレーションおよびデジタルモックアップ以外に、追加されたPLMのビジュアル化機能は、販売した製品を組立てて使用する人の人間工学の研究や、製品の保守が簡単にできることを確認するパスプランニング解析、最新の仮想現実デバイスを使用する原寸での設計レビューなど、豊富な設計データをより高度に利用する際に使用可能です。

Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs