設計データ管理とシミュレーション管理

機械、エレクトロニクス、ソフトウェア、シミュレーションの各種ツールおよびデータを1つにまとめた製品設計データ管理環境

多くの製造企業では、さまざまな拠点で複数の設計者が作業しており、メカニカルコンピューター支援設計(メカ CAD )、エレクトロニクスCAD (電気系 CAD )、ソフトウェア開発、シミュレーションなど、複数のベンダーが提供するさまざまなツールが使用されています。 メカ CAD システムの製品データ管理 (PDM) ソフトウェアを使用していても、製品のパーツやコンポーネントの設計にそれぞれ別のツールを使用すると、相互連携を把握しにくくなってしまいます。 メカニカル、エレクトロニクス、ソフトウェアのコンポーネントを統合する場合、その連携は複雑になり、そこから製品全体の設計を作成する作業はさらに難しくなります。

Teamcenter は、PDM をまったく新しいレベルへと進化させます。 Teamcenter が備えるクロスドメインの設計データ管理機能では、メカ CAD、電気系 CAD、ソフトウェア開発、シミュレーションなど、設計チームが日常的に活用している各種ツールとプロセスが統合されています。 設計センターが地理的に分散している場合でも、製品設計やシミュレーションデータを安全な方法で一元管理することで、マルチドメインデータの管理、検索、共有、再利用を可能にします。 要件、サブシステム、設計ドメイン間の複雑な関係や依存条件を把握でき、製品構成の展開や変更にも対応できます。 また、複数のサプライヤーが作成したパーツはサブシステムが複雑に連携しますが、このようなパーツからアセンブリを作成し、設計を準備し、製造、組立て、テスト用に部品表 (BOM) を検証します。

現在使用しているマルチドメイン設計ツールと Teamcenter を統合すれば、ばらばらなツールやプロセスを 1 つにまとめてクロスドメインの設計データ環境を整備し、コスト削減、品質向上、設計の生産性向上を実現できます。 

メカ CAD 向けマルチ CAD 設計データ管理

Design Management –Multi—CAD management

Teamcenter は、マルチ CAD をサポートする設計データ管理を備えています。これによって設計チームは、シーメンスPLMソフトウェアの NX と Solid Edge はもちろん、AutoCAD®、CATIA®、Inventor®、Pro/ENGINEER®、SolidWorks® など幅広い MCAD システムのネイティブ設計データを作成、管理、表示、再利用できます。 JT 3Dビジュアライゼーション標準を使用し、各種 MCAD ツールのパーツやコンポーネントを統合したマルチ CAD 設計を作成できます。 作成に使用されたメカ CAD ツールにアクセスできなくても、設計のコラボレーションが可能になります。

 

詳細はこちら:

ECAD 設計データ管理

Design Management –ECAD management

Teamcenter は、主要な電気系 CAD システムとの統合をサポートします。 プリント基板 (PCB) やワイヤハーネスのリリース管理向けの優れた設計データ管理機能により、最適なデータを迅速に見つけられます。 全社的に電気系 CAD 部品ライブラリを管理することで、電気系 CAD 部品データの不整合や誤りを排除し、コストを削減します。 電気系 CAD ビューア、電気系 CAD -メカ CAD 変換サポート、アセンブリ / テスト分析などのツールにより、ドメインと組織内でのコラボレーションや相互のコラボレーションが容易になります。 

 

詳細はこちら:

ソフトウェア設計管理

Design Management –Software design management

Teamcenter では、製品ライフサイクル管理 (PLM) でソフトウェアエンジニアリングデータとプロセスを統合することにより、ソフトウェアの設計データ管理を行います。 マルチドメインのライフサイクル統合フレームワークを活用することで、Teamcenter はアプリケーションライフサイクル管理 (ALM) ツール、データ、プロセスのシームレスな統合を可能にします。 ALM と PLM の統合は、包括的な製品ビューでのソフトウェア設計管理と、製品ライフ全体に不可欠な要素としてソフトウェア設計プロセスを管理することを可能にします。

 

詳細はこちら:

シミュレーションデータとプロセス管理

Design Management-simulation-process-management

Teamcenter は、マルチドメイン / マルチフィジックスのさまざまな問題について製品シミュレーションを行うことで、パフォーマンス目標を検証する機能を備えています。 モデル、シミュレーションデータ、シミュレーションプロセスに特化した Teamcenter のこの機能があれば、メカ CAD や電気系 CAD 構造からコンピューター支援エンジニアリング (CAE) 構造を短時間で生成できます。 複雑な製品では、パフォーマンス目標の確認や検証条件への対応のために無数のシミュレーションツールが使用される場合があります。 Teamcenter は、このようなツールを統合できるフレームワークとして機能し、統合用のコードを記述する必要はありません。データを Teamcenter からツールに転送し、 結果を取得して Teamcenter に保存することが可能です。しかも、設計や要件のデータの関連付けを正しい状態で保持できます。

 

詳細はこちら:

事前設定された PDM が設定と稼働にかかる時間を短縮

Design Management - Get Up and Running Quickly with Preconfigured PDM

中小規模の企業環境で PDM を導入し、CAD および電気系 CAD のデータとプロセスを複数管理する必要があるお客様には、Teamcenter Rapid Start をお勧めします。 グループ、役割、プロセスが PDM のベストプラクティスに基づいて事前設定されているので、設定と稼働にかかる時間を短縮し、コスト効率を向上できます。

 

詳細はこちら:

Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs