板金設計

Solid Edgeで完全な板金設計を実現

きちんと製造できる形状かどうか等、板金設計に特有の課題にもSolid Edgeは対応しています。設計から展開形状や図面作成まで板金の設計製造全体にわたって、プロセスを統合します。 汎用CADツールと異なり、Solid Edgeには、エンボス、絞り、穴あき絞り、ビード、コンターフランジ、ストレートブレーキ、エッチングなどのシートメタル固有の機能が付属しています。 Solid Edgeに統合された解析ツールや、NCプログラミング、その他のツールによって、設計時間の短縮、品質の向上、コストの低減を図ることができます。

少ない工数で板金モデルを作成

Solid Edge - 板金設計

簡単に2Dスケッチから板金モデルを作成した後は、3D形状を直接編集していきます。 Solid Edgeのシンクロナス・テクノロジーを活用すれば、履歴ベースCADとは異なり、形状そのものに対して編集をかけていくことができます。 フィーチャーの順番の変更や再編成、ソートなどを、名称や種類をキーにして自在に行うことができます。 板金設計に特化した機能を使えば、ディンプルやビードなどシートメタル特有のフィーチャーを、簡単なスケッチとパラメーターの入力で作成できます。また、修正を行う際にも、関連のないジオメトリやそれ以降に作成したフィーチャーに対する再計算は必要ありません。 さらに、Solid Edgeでは、ソリッドパートの形状に合わせた板金部品を作成できます。

設計プロセスのどの段階でも簡単に形状編集可能

Solid Edge - 板金部品を簡単に修正

板金モデルに予定外の設計変更が発生しても、設計意図を保持したまま簡単に変更を加えることができます。 ドラッグでの形状編集や、寸法値変更での修正を行う際にも、ジオメトリやパラメーターからモデルに込められた設計意図が自動的に認識され、思い通りの結果が得られます。 3D板金モデルのパーツに、駆動寸法を追加することができます。 従来のCADシステムと異なり、Solid Edgeのシンクロナス・テクノロジーでは、編集の際にモデルが作成された順番を気にする必要はありません。あるいは、関連のないフィーチャーを作成し直す必要もありません。最初のオペレーションも最後のオペレーションと同じ速さで編集することができます。

サプライヤーからの設計と従来の3D設計のシームレスな再使用

Solid Edge - 板金設計を再使用

板金モデルのファイルをインポートし、直接編集することができます。 Solid Edgeでは、インポートしたパーツの、板厚や曲げなどの主要なパラメーターが認識されます。 Solid Edgeでは、インポートしたパーツを、最初からSolid Edgeで作成したジオメトリと同じように扱えます。タブやフランジといったフィーチャーをドラッグするだけで、設計および編集することができるため、モデルを作成し直す必要がありません。

目的に特化した形状作成機能で時間短縮

目的に特化した板金機能

Solid Edgeには板金設計に特化した機能が備わっており、汎用CADツールと比べて大幅に生産性が向上します。 「ロフトフランジ」でのダクト作成、「パーツからシートメタルへの変換」でホッパーの設計、「ブランクボディ」でプレス部品から展開形状を作成、などといったプロセス専用のコマンドを使用して、より素早く、シートメタル部品をモデル作成することができます。 設計検証機能により、材料の取り合いの自動計算機能やパーツの製造可能性の検証機能も行え、さらに時間を短縮することができます。 また、すぐに製造を開始できる品質のシートメタル展開パターンを作成することができ、無駄ややり直しをなくすことができます。

設計検証機能を使用した品質の向上

設計検証機能

Solid Edgeには、他に類を見ないモデル検証機能が付属しています。製造可能性を確認し、実際のプロトタイプの必要性を低減することができます。 Solid Edgeには、曲げ間の距離などのパラメーターを自動的に測定したり、コスト、変数、サーフェス領域などの要素を計算することのできる「センサー」が付属しています。 また、スケーラブルな有限要素解析機能を使用して、設計の初期段階にシミュレーションを実施し、シートメタル部品の品質の向上、製品の不具合を低減を実現しながら、材料の使用量や重量を最小限に抑えます。

正確な図面を素早く作成

シートメタルの図面

Solid Edgeには、業界屈指の生産性を備えた図面作成システムが付属しています。曲げテーブルなど、シートメタル図面の作成を合理的に行うことができます。 成形および展開したコンポーネントの詳細の作成や寸法記入を行うことができます。これらは関連付けで保持されるため、設計変更の際に自動的に更新されます。 曲げテーブル、シェーディング表示をしたビュー、アセンブリの展開図、詳細図、断面図を、図面内で素早く作成することができます。 マイクロソフト標準のOLE技術(オブジェクトのリンクと埋め込み)を使用すると、図面全体、曲げテーブル、または個々のビューをWord、Excel、PowerPointなどの他の文書形式で再使用し、マニュアルや技術仕様書、カタログなどを簡単に作成することもできます。

NC加工に適した展開パターンの作成

NC加工に適した展開パターン

Solid Edgeは業界標準の算定式を用いて、NC加工に適した展開パターンを作成しますが、曲げテーブルに基づいたユーザー独自の式の定義も柔軟に行えます。 製造工程においては、Solid Edgeの展開パターンは常に最も効率的なカットシートサイズを示してくれます。 また、Solid Edgeでは、個々のシートメタル製造プロセスに最適な方法で変形フィーチャーを示してくれます。 曲げテーブルは3D部品内に保存され、曲げ順の指示書や図面で使用できるほか、CNC工作機械へエクスポートしてプログラムすることもできます。 また、円錐形状で使用する三角形の曲げ線を設定して四角い板から円形または円錐形状を作り出す、シートメタルの変形作業を行うユーザーにとって重要な機能もサポートしています。

Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs