Nonlinear Analysis 非線形解析

非線形陰解析および非線形陽解析の実施

変形が大きい場合や、材料の線形性の仮定が崩れる場合、また接触が要因の1つになっている場合、適切にシミュレーションするには、非線形解析を選択する必要があります。 ジオメトリの非線形効果が重要になる場合の例として、飛移座屈解析があります。 検討している荷重条件について材料特性が線形であると考えられない場合、材料の非線形効果をモデリングする必要があります。 使用例としては、超弾性(ゴム)材料を解析する場合や、降伏限界を超えた応力をかけると塑性を示す金属を解析する場合などがあります。

NX Nastranでは、非線形解析に関するさまざまな問題を解決することができます。 エンジニアは、非線形陰解析および非線形陽解析ソルバーを使用することで、プラスチックの留め具といった単純な問題から自動車のルーフ衝突解析といった複雑な問題まで対応することができます。 高度な材料機能により、ゴム製の取り付け具の変形やエンジン・ガスケット・シールのパフォーマンスなどをシミュレーションすることができます。 統合された動的陽解析機能では、金属成形解析を行ったり、高速衝撃落下テスト・シミュレーション中の電子ハードウェアのパフォーマンスを評価したりできます。

Simcenterのプリプロセッサーでは、NX Nastranの非線形解析機能に加えて、ほかのソルバーによって提供される同様の非線形ソリューションもサポートされています。 このため、Simcenterの業界をリードするシミュレーションモデリングおよびポストプロセッシング機能を使用してプリプロセッシング時間を短縮し、全体の非線形解析プロセス時間を70%も短縮することができます。

統合された非線形解析

統合された非線形解析

SimcenterおよびNX Nastranを使用することで、部品の接触による非線形性、材料の非線形性、ジオメトリの非線形性(大きな変形など)を持つモデルを解析することができます。

NX Nastranでは、熱-機械連成解析、超弾性材料解析、スナップ継手解析などの非線形解析が行えます。

ほかの非線形解析ソルバーとの連動

Simcenter 3Dソリューションでは、ほかのソルバーによる非線形解析もサポートされています。それらのソルバーには、次のようなものがあります。

  • LMS Samcef
  • Abaqus
  • ANSYS(非線形静解析)
  • LS-DYNA(衝撃全般)
  • MSC Nastran(非線形静(SOL106)解析および非線形過渡(SOL129)解析)
Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs