Quality Planning Environment

品質エンジニアリングプロセスと3Dモデルベースの点検計画を合理化

設計から製造までのプロセスでは、膨大な量の情報が生成されます。 エンジニアリングの仕様に準拠するために、この大量の情報に対して最終製品を検証しなくてはなりません。 製品の寿命期間中に設計の見直しが度々行われることを考慮すると、仕様に準拠することはとりわけ困難なものになる可能性があります。 この情報の定義、伝達、検証に必要な作業は単調かつ複雑なものです。 これらのエンジニアリング作業は、ほとんどのケースで自動化されていません。

シーメンスPLMソフトウェアが提供するQuality Planning Environmentソフトウェアを活用すると、3D CADモデルからデータを直接使用できるようにすることで、これらの品質エンジニアリングプロセスの作業を標準化し、自動化できます。 手動での作業を減少させ、あるいは多くのケースで完全に排除できます。 Quality Planning Environmentを活用すると、3D CADシステムを、品質エンジニアリングプロセスおよび3Dモデルベースの点検計画の策定管理に特化したシステムに変えることができます。 品質エンジニアリングプロセスは、品質低下の可能性を排除するために検査特性を最大限活用する上できわめて重要になります。

主な機能と効果

品質計画プロセス全体をサポートする次のツールを利用することができます。

  • 詳細パーツのための点検計画の策定 – データをモデルから品質計画へ再入力することによって生じるエラーを排除し、寸法が定められたモデルの削減を可能にすることで設計モデリングに要する労力を軽減し、さらに手作業での品質計画策定プロセスと比較して作業時間を90%短縮
  • 機体の組立と据付のための点検計画の策定 – 機体の組立と据付のための品質計画の策定時間を、手作業でのプロセスと比較して90%短縮し、ドキュメントの改訂作業の削減をもたらす品質レポートの完全性と正確性を高め、点検実施プロセスの一貫性を向上させるために計画を標準化
  • 点検計画の監査、策定、実施、アーカイブ – 初回品検査(FAI)のためのエンドツーエンドのモデルベースのプロセスを支援し、サプライチェーンとのコラボレーションを可能にし、さらにはエラーのないデータ転送とトレーサビリティ用の下流システムと統合
Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs