NX Progressive Die Design

順送金型設計ソフトウェアの自動化された業界特有のプロセスによって生産性を最大化

NX順送金型設計ソフトウェアアプリケーションでは、板金設計から始まり、順送金型の開発に必要なすべての段階を順を追ってガイドすることで、複雑なプロセスを合理化し、作業を自動化して開発時間を大幅に短縮できます。

部品準備

NX - Manufacturing - Tooling & Fixture Design - NX Progressive Die Design - Part Preparation

NXのさまざまなシートメタル機能セットを使用して、直線破断と自由曲面の板金部品の両方を効率的に設計できます。 フィーチャ認識、曲げテーブル、ダイレクト展開機能を使用して、中間段階の部品をプリベンドおよびオーバーベンドと連動して設計できます。

NXでは、データの品質解析、成形性解析、展開ブランク形状を使用して、部品設計で製造可能性を検証できます。 ワンステップ・アンフォーミングおよび成形性解析機能によって、中間形状と展開ブランク形状で複雑な自由曲面の部品を解析して設計できます。

プロセス設計

NXのストリップ・レイアウトおよびスクラップ設計ツールを使用すると、ストリップ・レイアウトをすばやく準備できます。 合理化されたワークフローを使用して、ストリップの詳細と設計段階の進め方を指定できます。

また、ストリップの製造をシミュレーションして、ステーションの適切な順序を確認できます。

NXでは成形およびパンチオペレーション用に金型ベースアセンブリとダイインサートをレイアウトできます。 成形とポンチを効率的に連動して設計できます。

NXには、ほとんどのサプライヤーのカタログを網羅した、組み込みの標準部品ライブラリが用意されています。 カスタマイズ可能な金型ベースライブラリ、標準部品ライブラリ、およびインサートグループライブラリによって、ダイ構造設計の時間を短縮できます。

設計変更および伝達制御

NXの順送金型設計ソフトウェアでは、金型設計プロセス全体における部品設計との連動により、すべての金型コンポーネントによる部品設計変更を慎重に管理できます。 部品モデルとの連動によって、設計変更を迅速に更新することができます。

Teamcenterによるデータおよびプロセスの管理によって、チームメンバーと同時に、プロジェクトおよびプロセスデータの検索、アクセス、再利用を行いながら作業できます。

社内規格の再利用

NXでは、設計およびプロセスのナレッジを取得して再利用することで、金型の設計から生産に至るプロセスを効率化できます。

プロジェクト・テンプレート、資料、ツール、プロセスを活用することで、実績のある設計を再利用して新しい金型に適合できます。 この結果、プロセスとコンポーネントの標準化によって、金型設計プロセスを加速し、最適化できます。

また、独自の再利用可能な部品を作成してカスタムライブラリに登録したり、独自の再利用可能なモールドベース構成を開発したりできます。

NXでは、標準出力を構成して、パーツリスト、図面、プロジェクトデータ構造、およびNCツールパスを生成できます。

順送金型設計の検証

NXでは、アセンブリ環境で順送金型設計を検証し、さまざまな位置における適切なクリアランスと逃げを確認できます。 ストリップ・レイアウトの材料の使用とプレス力のバランスを解析できます。 また、NXではストリップの進み方をシミュレーションできます。

NXの動的干渉検出と統合された機構シミュレーション・テクノロジーを使用すると、金型の機構全体で適切な動作を検証できます。

生産の統合

NX CAMと順送金型設計ソフトウェアとの統合によって、製造プロセスを自動化できます。 NX CAMには、高速加工機能を備えたロバストなミリングプログラミングが用意されており、硬度の高い材料を使った複雑な金型の精密な仕上げに最適です。

使いやすい平面およびキャビのミリングと、自動化されたフィーチャベース加工(FBM)は、金型構造部のNCプログラミング向けの生産性の高いツールです。

Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs