NX Mold Design

モールド金型設計ソフトウェアでモールド金型の開発プロセスを自動化

NXの成形設計ソフトウェアアプリケーションは、業界ナレッジとベストプラクティスをプロセスの自動化と組み合わせることで、コアやキャビの作成から生産やモールド金型設計の検証に至るまで、モールド金型設計プロセスを効率化します。

NX CAM機能との統合によって、金型加工マシニングの製造プロセスを自動作成できます。

製品の解析

Product Analysis

モールド金型設計は、製品モデルの作成から始めます。 NXでは、他のシステムから3D部品データをインポートしたり、多くのネイティブフォーマットCADファイルを開いたり、NXで設計した部品を選択したりすることができます。 その後、意図した通りの設計と生産性を実現できるように設計変更を簡単にモデリングして実施できます。

コアとキャビの開発

NXの自動化機能を使用すると、コアとキャビの設計プロセスを効率化できます。 次のようなことが可能になります。

  • 製造可能性の検討事項に基づいて、コア/キャビの自動的な分離を実行
  • パーティング面を迅速に連動して設計
  • 金型を分離して複雑なスライダー設計を実施
  • コア/キャビ設計で干渉を自動的にチェック

モールド金型の構造

NXでは、収縮、ランナー、ゲート、スライダー、リフター、サブインサートなどのモールド金型設計を自動化できます。 ライブラリでは、さまざまな標準部品、コンポーネントシステム、モールドベースにアクセスできます。 下流のポケットやクリアランス管理を自動化しながら、シンプルな選択操作でアセンブリ内に金型コンポーネントを配置できます。

モールド金型設計プロセスは強力なビジュアル化ツールとアセンブリ管理ツールによって支援されるため、複雑な工具アセンブリを簡単にナビゲートできます。

設計変更および伝達制御

NXのモールド金型設計ソフトウェアでは、設計モデルとの連動により、金型設計からマシニングに至るプロセス全体に対して、迅速で効率的な設計変更の伝達が可能です。

Teamcenterソフトウェアは、シングルソースのデータとプロセスのナレッジを提供し、チーム全体が正しいデータで確実に作業できるようにします。

社内規格の再利用

NXでは、社内規格の再利用を通して金型設計と製造サイクルタイムを短縮できます。 次のようなことが可能になります。

  • プロセスとコンポーネントの標準化によって、モールド金型設計プロセスを加速し、最適化
  • パーツリスト、図面、プロジェクトデータ構造、およびNCツールパスを自動生成
  • 独自の再利用可能な部品を作成し、カスタムライブラリに登録
  • 独自の再利用可能なモールドベース構成を開発

設計検証

コストのかさむ物理的なやり直し作業をなくすために、部品、工具、製造プロセスを適切に定義するための設計検証は重要なステップです。

NXを使用すると、壁の厚さの確認機能、ドラフト解析とアンダーカット部分の検出、半径評価などの機能によって、部品設計の製造可能性を分析できます。

アセンブリ環境でさまざまな位置の状態におけるモールド金型設計の適切なクリアランスと逃げを検証したり、電極要件を分析したりできます。 また、強度分析と尖った角の検出によって、工具の寿命を伸ばすことができます。

NXでは、金型アセンブリで識別されたクリアランスと干渉の問題をビジュアル化し、問題解決を管理できます。 NXに組み込まれた機構シミュレーション・テクノロジーを使用すると、動的干渉検出を含む金型の機構を全面的に検証できます。

生産の統合

NXは、包括的な総合NCプログラミングソリューションです。 NX CAMでは、金型加工マシニング向けの高度な加工手法を生成できます。

高速加工向けの重要な機能も用意されており、特殊なツールパスと最適な切削パラメーターを適用できます。 たとえば、トロコイド荒加工で、工具の荷重を管理しつつ、高い材料除去率を得ることができます。

自動化されたフィーチャベース加工(FBM)は、モールドベースのマシニングに最適です。 FBMでは、ポケット、スロット、穴などの幅広い種類のマシニングフィーチャが自動的に認識され、プログラミングされます。そのため、プログラミング時間を最大90パーセントも短縮できます。

Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs