NX CAMの旋削

包括的なCNC旋盤ソフトウェアソリューション

NX CAMの旋削ソフトウェアモジュールは、CNC旋盤マシンでシンプルな部品のプログラミングをすばやく実行できるだけでなく、マルチ・スピンドルやマルチ・タレット適用時の難しいジオメトリにも対応する能力を備えています。

NX CAMの旋削ソフトウェアでは、2Dの部品プロファイルと完全なソリッドモデルのどちらも使用できます。 荒加工、マルチパス仕上げ、溝加工、ねじ加工、中央線に沿った穴あけのための高度な加工手法を使用できます。

自動化されたオペレーションの包括的なセット

Complete Set of Automated Operations

NXの旋削ソフトウェアモジュールでは、次のようなさまざまなCNCオペレーション用に簡単にプログラミングできます。

  • 中央線に沿った穴あけ(スポット、ドリル、ペック、チップ、リームおよびタップ)
  • 複数のパターン、切り込み量制御、角制御による荒加工(フェイス、旋削、逆旋削、ボア、バックボア、およびアンダーカット)
  • 自動左右追跡ポイント制御による荒加工および仕上げ溝加工
  • OD/ID(外径/内径)のねじ切り
  • OD/IDフェイス
  • 各種切り取りオペレーションおよびバーフィード・オペレーション

ユーザーによる制御

旋削の境界をカスタマイズして微調整し、さまざまな仕上げ要件や加工中の特性に対応できます(グラインドストックなど)。

NXでは必要に応じてフィーチャが抑制されます。 境界との移行編集機能によって、希望する最終結果を簡単に得られます。 また、カッター径の不一致を補正したり、直径ゼロの工具のプログラミング(部品寸法プログラミング)を使用したりできます。

高度なオプション

NX CAMの旋削ソフトウェアでは、全仕上げ、下向きだけの切削、コーナー方向/逆方法といった特殊な切削パターンが用意されています。

インサート変更のために長い切削を中断し、貴重なワークを保護できます。 切削の安全な終了と再開が自動的に処理されます。

ティーチ・モード

NXの旋削ソフトウェアモジュールでは、マウスを数回クリックするだけで、手順ごとの動作指示を指定できます。 NXは(バーフィードやテールストックを含む)旋盤センターのすべての機能をサポートしており、その動作をビジュアル化できます。

加工中のワーク(IPW)

NX CAMでは、オペレーションシーケンスにおけるワークの標準形状を追跡できます。 これにより、現在のIPWステータスへの迅速なフィードバックが可能です。IPWステータスは2Dやスピニング3Dなど、いくつかの方法で表示できます。

NCプログラミングの自動化

NX CAMの旋削ソフトウェアは、フィーチャベース加工プロセスによる溝加工を自動化します。 パラメーター駆動のねじ加工プロセスで規格に従ってねじ溝を生成できます。

また、隣接する形状の仕上げの状態に合わせ、弧または面取りで角を落とすことができます。

Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs