NX CAM 11

NX CAM 11ソフトウェアを活用することでプログラミング時間が60% 短縮

NX CAM 11では、モールドおよびダイ加工、生産マシニング、複雑な部品のマシニング、および工場の接続性のための強力な業界に特化したCAMソフトウェア機能が、製造全体での生産性を格段に向上させるために特別に設計されています。

モールドおよびダイ加工

NX CAM 11 – フィーチャー01 – プレースホルダー

部品上での滑らかで一貫したステップオーバーにより、インポートされたジオメトリが不完全であっても精密な仕上げが実現されます。 コーナーおよびバレーでの精密な仕上げは、急勾配および非急勾配領域での切削方向に対して慎重に行われます。 このように切削方向が最適化されたことにより、中間仕上げ結果がより一貫したものになり、仕上げ加工での品質の向上は目を見張るものがあります。 マルチスレッド処理はマルチコアハードウェアの能力を活用し、最大50%の計算速度の向上を達成しています。

生産マシニング

NX CAM 11 – フィーチャー02 – プレースホルダー

プリズムフィーチャーのプログラミングの自動化が可能になるとともに、さらに重要なことに、NX 11に備えられた工作機械でのサイクルタイムの短縮も可能になります。 穴はこの種のマシニングの大きな部分を占めているため、製造業者は穴あけをきわめて重要視しています。 NX CAMでは、深穴あけおよび連続穴あけ用に新たに最適化されたオペレーションなどの、穴あけ加工に対するいくつかの効率化と自動化を実現しています。 これらの新しい方法を採用したことにより、サイクルタイムが短縮され、プログラミング速度も60%向上しました。

複雑な部品加工

NX CAM 11 – フィーチャー03 – プレースホルダー

NX CAMソフトウェアの新機能により、5軸加工の複雑な挙動の解析が容易になりました。 工具のリード角度、オーバートラベル制限を備えた回転軸の位置、反転を検出するための回転軸速度、ショートセグメントとロングセグメントなどのツールパスの特性を視覚化することでマシニング条件を最適化できます。

工場の接続性

NX CAM 11 – フィーチャー04 – プレースホルダー

NX CAMソフトウェアは工場向けに完全な作業パッケージを作成するだけでなく、さらにデータとプロセス管理用のシステムに連結できます。 NX CAMはNX環境内に適切なポストプロセッサーを作成します。ここではポストプロセッサーの運動定義は工作機械のデジタルモデルから自動的に生成されます。 新しいDNC ConnectはNX CAMから管理対象のDNCシステム、そしてCNCマシンツールに完全な作業パッケージを引渡し、生産ポイントで正しい製造データが使用されるようにします。

Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs