音響シミュレーション向けのLMS Virtual.Lab Acoustics

内部と外部の音響放射シミュレーションを行い、設計での騒音を最小限に抑え、音質を最適化

顧客は、もっと静かな製品を望んでいませんか? 競合他社は、音質を差別化することでシェアを拡大しようとしていませんか? 騒音の規制強化が、製品の売上に影響しそうですか? 音場予測に要する時間を短縮したり、エンジンランナップなどのより複雑な作業に費やされる週単位の時間を削減したりしたいと思いませんか? かつては、コストや時間の制約から、パラメータ解析を行って設計の品質改善を目指すことなど不可能でした。 設計の融通性を活かすことなく、開発の後段階になってコストのかかる技術を駆使することが唯一の選択肢でした。 LMS Virtual.Labの音響シミュレーションツールを使用すれば、このような課題を克服することが可能になります。

LMS Virtual.Lab Acousticsによる音響シミュレーションによって、音響メッシュの作成と設計変更の再モデリングを1時間以内に完了し、音響応答を1日以内で解析できるようになります。 また、情報に基づいた意思決定を設計の初期段階で行い、製品の音響性能を体系的に改善し最適化できるようになります。

当社はLMS Sysnoiseの技術をLMS Virtual.Lab Acousticsシミュレーションに踏襲することで、仮想モデルを用いた音響性能エンジニアリングのためのエンド・ツー・エンド環境を開発してきました。 LMS Virtual.Labの音響シミュレーションソリューションは、構造放射音や空洞音場などの日常的な問題だけでなく、エンジンランナップ、流体励起の騒音、ランダム音響負荷などの特殊な音響エンジニアリング問題にも対応しています。

Finite Element Acoustics 音響FEM(有限要素法)ソルバー

Finite Element Acoustic Simulation

LMS Virtual.Lab Finite Element Acousticsは、音響シミュレーション向けの手法を提供し、システムの音響と騒音の性能を予測し改善します。 Finite Element Acousticsは、弱く完全に連成された振動-音響シミュレーションを作成し、音源が構造体に与える影響を調べることが可能です。

 

詳細はこちら:

Boundary Element Acoustics 音響BEM(境界要素法)ソルバー

Boundary Element Acoustic Simulation

LMS Virtual.Lab Boundary Element Acousticsは、広範なシステムの音響および騒音の性能を予測し改善するための音響シミュレーションツールです。 この音響ソリューションは、特に放射問題に特化しており、内部放射と外部放射の両方の問題に対応しています。

 

詳細はこちら:

Multipole Boundary Element Acoustics  多重極展開境界要素法

Multipole Boundary Element Acoustic Simulation

LMS Virtual.Lab Fast Multipole Boundary Element Acousticsは、多重極展開とマルチレベルの階層セル方式の部分構造合成法に基づいた最先端のアルゴリズムを搭載することで、BEM方程式の高速反復解法を実現しています。

 

詳細はこちら:

Time-Domain Boundary Element Method 時間領域境界要素法

Time-Domain Boundary Element Method

LMS Virtual.Lab Time-Domain Boundary Element Method (TDBEM)ソルバーは、短期インパルス加振信号による音響放射問題に特に適しています。 励振は、音源に関して時間領域で定義することも、境界上の強制振動で定義することも可能です。

 

詳細はこちら:

FEM Vibro-Acoustics FEM振動-音響ソルバー

FEM Vibro-Acoustic Structural Solver

LMS Virtual.Lab FEM Vibro-Acoustic構造ソルバーでは、構造モード、構造応答、および振動-音響応答を計算できます。 精度、ソルバー速度、およびポスト処理時に必要となる情報に応じて、さまざまなモーダル解法と直接解法を選択できます。

 

詳細はこちら:

Ray Acoustics 音線法ソルバー

Ray Acoustics 3D Acoustic Simulation

LMS Virtual.Lab Ray Acousticsは、さまざまなオーディオあるいは車内音響の快適性に関するシミュレーションを、全可聴域にわたって効率的かつ高精度に実行できる3D音響シミュレーションツールです。

 

詳細はこちら:

Aero-Acoustic Modeling 空力音響モデリング

Aero-Acoustic Modeling

LMS Virtual.Lab Aero-Acoustic Modelingは、BEMまたはFEM技術と連携し、電化製品の冷却ファンから、航空機、列車、および自動車の乱気流ベース騒音まで、あらゆる流力騒音問題を正確に予測し解析します。

 

詳細はこちら:

Acousticsのオプション

Acoustic Simulation Options

LMS Virtual.Lab Acousticsには、音響伝達ベクトル(ATV)ソルバー、並列解析、音響メッシング、音響パッケージ設計などの数多くの音響ソリューションオプションがあります。

 

詳細はこちら:

Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs