PDM (製品データマネジメント)

Product Data Management

PDM製品データマネジメント とは、製品に関するあらゆるデータとプロセスをソフトウェアを使って単一の中央システムで管理することを言います。CAD データ、モデル、部品情報、製造指示書、要件、注意書き、ドキュメントなどの多岐にわたる情報を PDM システムで管理します。組織全体の各チームが各種のアプリケーションを使ってアクセスして、それぞれのビジネス・ニーズを満たすことができるシステムが理想的な PDM システムと言えます。適切な PDM システムを導入すれば、どの 業界 の企業も完全な製品ライフサイクル管理 ( PLM ) システムへ容易に拡張できる強固な基盤を構築することができます。

PDM システムのコアとなるのが、セキュアなデータ管理、プロセスの実行管理、そして構成管理を支援する 3つのソリューションです。

セキュアなデータ管理

PDM システムは製品情報を収集・管理して、ユーザが製品ライフサイクルを通して正しいコンテキスト内で適切な情報にアクセスできるようにします。ファイルの所有者、バージョン管理(ファイルのチェックイン/チェックアウト)、リビジョン管理、リリース・ステータスなどの情報が PDM システムによって管理されます。さらに、セキュリティ管理ソリューションによるロール管理、プロジェクトごとのセキュリティ管理、関連情報へのアクセス権管理を通して、知的財産を確実に保護します。

プロセスの実行管理

PDM システムのワークフロー/プロセス管理ソリューションは、社内の製品開発チームと外部のパートナーとが共に製品ライフサイクルに参加できるようにします。変更計画 (what-if 分析)、変更開始(実行)、変更検証とコミュニケーションに対する企業ごとのベストプラクティスに沿ったワークフロー駆動による自動化プロセスを策定、管理、実行できるようにします。さらに、フェーズ・ゲート基準をはじめとする他の確立されたプロセスもサポートしています。

構成管理

PDM システムは、完全な部品表( BOM )の作成と管理に必要な可視化機能も提供します。設計、プランニング、組立て、製造を含む製品ライフサイクル全体を通して、あらゆるソースの BOM データを同期させて整合性を保証します。さらに、PDM システムは、変更が実施される前と後の BOM の差異を確認できる変更管理機能も提供します。

製品ライフサイクルの可視化機能は、製品、その元になっている部品とアセンブリを、CAD システムや特別な技術的知識を必要とせずに共有でき、オンデマンドで表示できるようにします。さらに、デジタル・モックアップ機能は、コスト高となる物理的な試作品の作製を不要とします。このように、製品ライフサイクルの可視化において共通の 3D 言語になっているのが JT™ データ・フォーマットであり、このデータ・フォーマットを使って複数の CAD で構成されたアセンブリであっても表示、解析することができます。

PDM システムのメリット

PDM システムが提供するナレッジ管理機能やレポーティング機能は、プロジェクト・マネージャ、設計者、エンジニア、営業、購買、品質保証の各部門に大きなメリットをもたらします。PDM システムを導入することによって、次のようなことを実現できます。

  • 正しいデータへの迅速なアクセス
  • 生産性の向上とサイクルタイムの短縮
  • 開発に伴うミスとコストの削減
  • バリューチェーンのコラボレーションの強化
  • ビジネス要件や法規制上の要件への対応
  • 経営資源の最適化
  • グローバルなコラボレーションの促進
  • より適切な意思決定に必要な情報の可視化

PDM ソフトウェア

PDM ソフトウェア・ソリューションをご紹介します。

Teamcenter は、製品ライフサイクル全体を通して、製品とプロセスに関するナレッジをシングルソースに集約して、これらを人と結び付けます。Teamcenter Rapid Start は、業界で最も普及しているベストプラクティスとシーメンスPLMソフトウェアが蓄積してきた専門知識を活用できるよう事前設定されている製品データ管理 (PDM) ソリューションです。

Close share layer

Share this page

Share this page through any of the following channels.

Bookmarking Sites

Communities

News

Blogs & Microblogs