最新のワイヤハーネス製造でインダストリー4.0に備える

オンデマンド・ウェビナー | 34 分

ハーネス設計から製造エンジニアリングにいたるデジタル・スレッド

ハーネス設計から製造エンジニアリングにいたるデジタル・スレッドを構築する高度なソリューション
ハーネス設計から製造エンジニアリングにいたるデジタル・スレッドを構築する高度なソリューション

ワイヤハーネスの製造は1世紀以上も前から行われていますが、メーカーは厳しい品質要件と納期に対応しながら、低い利益率に苦しんでいます。多大な労力を要する動きの激しいこの業界では、複雑なプロセスや頻繁な変更、各領域の重要な情報の損失が、課題を増大させています。このウェビナーは、ワイヤハーネス製造の課題を克服する方法を説明するとともに、ハーネス設計から製造エンジニアリングにいたるデジタル・スレッドを構築する高度なソリューションを紹介します。

工場からエンジニアリングにいたるデータ通信を実現

重要なのは、製品と生産プロセスのデジタル・モデルを相互に関連付けることです。これにより、企業は生産開始前に製品とプロセスの定義を総合的に評価し、仮想的に製造を最適化できるため、製品の実装時間を短縮して効率を向上させます。材料やすべての製造プロセス段階のトレーサビリティがこれまで以上に重要になるなか、シーメンスの技術を使ってエンジニアリングデータをシステムやハードウェア、そして特にオペレーターに連携させることができます。デジタライゼーションは、インダストリー4.0の導入と実現に向けた重要なステップであり、工場からエンジニアリングシステム、組織間に至る素早く正確なデータ通信を可能にします。

学べる内容:

  • ワイヤハーネスの製造で直面する課題や悩み
  • Capitalの基本や利点、ソリューション範囲について
  • ワイヤハーネスの今後の展望 - 可能性とビジョン