本文へ移動

効率的な風洞試験で航空機の空力音響に関する知見を取得

オンデマンド・ウェビナー

効率が高く静かな航空機を開発するための貴重な知見が得られる最新の風洞の空力音響測定技術をご覧ください。

ドイツのDLRで行われた風洞測定の事例。出典: Thomas Ahlefeldt 「高レイノルズ数でスケーリングされたハーフモデルで空力音響を測定」 AIAAジャーナル、Vol. 51、No. 12 (2013)、pp. 2783-2791

航空機構成の新規設計にあたっては、プログラムの初期段階に空力および空力音響の性能を予測することが重要ですが、これには数値流体力学 (CFD) などの数値的手法が有効です。一方、単一の航空機コンポーネントおよび全体的な構成の予測値を検証するには風洞試験が必要です。スケーリングされたモデルで航空機の構成をテストすると、実際の飛行よりもはるか以前に、深い技術的な知見を得ることができます。

ただし風洞試験は非常に高価であるため、エンジニアは毎回の試験中にできるだけ多くの情報を収集する必要があります。このウェビナーでは、風洞試験で空力および空力音響を最も効率的に測定できる最新技術を紹介します。

ウェビナーの内容:

  • 精度の高い風洞試験を可能にする最新技術について
  • 複数の技術を効率的に組み合わせて、測定データからより多くの知見を収集する方法
  • 風洞試験の生産性を向上させ、短時間でより多くの価値を得る方法
ご質問はありますか?