本文へ移動

エンド・ツー・エンドの構造開発プロセスを統合し、航空機開発を加速させる

オンデマンド・ウェビナー

統合的なエンド・ツー・エンドの構造開発プロセスによって、どれほど機体構造プロセス全体が合理化され、航空機製造企業の生産性が向上し、費用超過を予防できるかを学びます。

航空機メーカーは、プロジェクトの大幅な遅れによって、費用超過が最大で50%に上っています。このような遅延で何百万ドルものキャッシュバーンだけでなく、何十億ドルもの違約金も発生します。航空機の開発費の60%が機体の構造開発に使われているため、構造開発プロセスの改善は必ず大きな影響をもたらします。

このウェビナーでは、統合的なエンド・ツー・エンドの機体構造開発プロセスによって、生産性が30%向上し、機体構造のパフォーマンス・エンジニアリングを加速できることを紹介します。 

学べる内容:

  • CADに始まり、負荷生成、FEM生成、FEシミュレーション、MS (Margin of Safety) 計算、認証報告書に至る、統合的なエンド・ツー・エンド・プロセスの設定方法
  • MS (Margin of Safety) 計算をFE環境に統合することの価値
  • 顧客のプロセスや手法に合わせる方法

このウェビナーは英語です。
ご質問はありますか?