本文へ移動

主要な冠水路走行シミュレーション手法を使ってアンダーボディコンポーネントを設計

オンデマンド・ウェビナー | 33 分

冠水路走行シミュレーションを使ったアンダーボディの設計 - ジャガーランドローバー (JLR) の事例

車両の冠水路走行は、水の中を移動する車両の機能部品 (アンダーボディ、バンパーカバー、プラスチックシルカバーなど) が完全である場合にのみ、可能になります。

冠水路走行を実現するCAE機能がないと、故障モードの検出が遅れて設計変更となり、コストが増加する恐れもあります。

このためジャガーランドローバーは、Simcenter数値流体力学 (CFD) ソリューションを使用して冠水路走行/浸水シナリオをモデル化し、アンダーボディ設計を探求しています。

学べる内容:

  • シーメンスSimcenterの車両水管理シミュレーション・ポートフォリオ
  • ジャガーランドローバー、特許取得済みの仮想手法で冠水路走行/浸水シナリオをモデル化
  • シミュレーション主導の故障検出/保護等級解析手法

Dr. Prashant Khapane and Uday Ganeshwade

CAEマネージャーおよびチームリーダー, Durability & Robustness Attribute