バッテリー性能向上のためのモデルベース開発手法によるソリューションのご紹介

パワーバッテリーシステムが直面する課題と解決策とは。

バッテリー性能向上のためのモデルベース開発手法によるソリューションのご紹介

本イベントは終了いたしました。多数のご参加を賜り、誠にありがとうございました。

今後の電動化に向けてますますバッテリシステム技術は重要となってきます。本ウェビナーではモデルベースの開発戦略を基づいて、コンポーネントからシステムレベルまでバッテリマネジメントシステムのソリューションの活用と、また、シーメンスのソリューションを通して、セル/バッテリー要件の定義、コンポーネント統合問題のフロントロード、およびシステムの最終パフォーマンスの予測をどのようにサポートについてご紹介いたします。

[開催概要]

  • 日 時: 2021年1月21日(木) 14:00-15:00
  • 対象者: 
    • バッテリーシステムのモデルベース開発にご興味がある方
    • バッテリーシステムの温度管理技術にご興味がある方
    • Hilsでの検証プロセスに興味がある方
  • 参加費 : 無料
  • お申込み: 右側の申込フォームよりお申込下さい。
  • お問合せ: こちらからお問合せください。

[ウェブセミナーについて]
ウェブセミナーとはオンラインでセミナーを行うもので、インターネットに接続されたPCを
利用すれば、どこからでも手軽にご参加できます。

  • WebExの動作環境のご確認: こちら
  • 当日のご参加方法:申込後、rlmswebinar.plm@siemens.comより自動送信されます、
  • 「ウェブセミナー登録承認のお知らせ」メールに記載されているログインURLを
     クリックしてご参加ください。

※同業他社様の参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。
※当社の個人情報保護方針については、 こちらをご参照ください。