本文へ移動

ミキシングと充填のシミュレーションと仮想コミッショニング

オンデマンド・ウェビナー | 31 分

Simcenterのシミュレーションソリューションと仮想コミッショニングによって、装置の最適なサイジングと効率的なレシピ実行を確実に行う方法をご紹介します。

包装業界の企業の成功は、消費者のニーズと多様な市場ニーズに左右されます。メーカーは、絶えず変化する顧客の需要に遅れないようにするため、柔軟な生産システムを備え、操業効率を高めなくてはなりません。ミキシングと充填のプロセスユニットを例にとり、シミュレーションと仮想コミッショニングが装置の最適なサイジングと効率的なレシピ実行に不可欠な理由を紹介します。 

このウェビナーでは、シーメンスでソリューションマネージャーを務めるAlvaro Canizaresが、シミュレーションツールと自動化ツールを組み合わせたソリューションがもたらす付加価値を紹介します。このソリューションは、装置メーカーを支援し、試行錯誤を減らして、最終製品の製造プロセス改善にも役立っています。Simcenter Amesimは、装置の設計、解析、サイジングをシステムレベルで実行します。Simcenter HEEDSとSimcenter STAR-CCM+を組み合わせてパラメトリックスタディを実行し、装置部品を最適化します。その結果として生成されるデジタル・ツインを仮想コミッショニングに利用できます。オートメーションエンジニアは、オートメーション接続経由でSimcenter AmesimシミュレーションモデルとPLCをつなぎ、PLCコードを試験し、最適化できます。 

Alvaroの略歴:Alvaroは、スペインの大学の機械工学部、ドイツの大学のオートメーション工学部を卒業しました。 約2年半前にニュルンベルクのシーメンスデジタルファクトリー本社に入社以来、このウェビナーのトピックでもある仮想コミッショニングを手掛けるファクトリーオートメーションの国際チームに属しています。 現在は、Simcenter Amesimとシーメンスのオートメーションポートフォリオの統合に取り組み、ミキシングと充填のデモプロジェクトのリーダーも務めています。

Close Video