振動音響シミュレーションと試験を通じて、 キャビン内の快適性を提供

オンデマンド・ウェビナー | 49 分

開発プロセス初期段階に振動騒音源を特定することで時間とコストを削減

振動音響シミュレーションと試験を通じて、重機の運転室内に最大限の快適性を提供

騒音規制への準拠は、重機械メーカーにとっての必要十分要件ではありません。競争力を維持するには、オペレーターの安全性と快適性が重要です。

設計が複雑化するなか、従来の知識に頼っていては、電化などの新たな課題に立ち向かうことはできません。設計の複雑化によって新たな振動騒音源が発生し、製品開発プロセスに影響を与えています。製品設計成功の鍵は、試験部門とシミュレーション部門の連携にあります。

本ウェビナーでは、音響試験とシミュレーションの相乗効果を生み出す利点および、スマートソリューションを組み合わせることで振動騒音をいかに改善し、オペレーターの快適性を高めるかをご紹介します。

ご紹介している主な内容:

  • 妥当性検証ならびにシミュレーションと実測の相関調査
  • シミュレーションを活用した試験のセットアップ
  • 検証済みモデルに対する感度解析と構造最適化の設計
  • 物理試作コストを削減し、振動騒音の問題を早期に特定する方法

スピーカー

Sebastian Flock

Simcenter 3Dソリューション事業開発マネージャー, Siemens Digital Industries Software

Sebastianは、Simcenter 3D Motionの製品マネージャーとしてシーメンスインダストリーズソフトウェアに入社し、現在はSimcenter 3Dソリューションの事業開発マネージャーを務めています。ドイツのアーヘン工科大学で機械工学を専攻し、学士号と博士号を取得。機械動力学とマルチボディシミュレーションをテーマにした複数の論文を執筆しています。担当分野は、マルチボディ・ダイナミクス、耐久性 / NVH、ドライブトレイン、回転機械などです。

Ricardo Sales

重機、自動車、輸送機器向け試験ソリューション 事業開発マネージャー, Siemens Digital Industries Software

Ricardoは2012年、Simcenter試験ソリューションのアプリケーションサポートエンジニアとしてシーメンス(ブラジル) に入社しました。2016年にベルギーに移住し、現在は、重機、自動車、輸送機器の試験ソリューションを統括する事業開拓マネージャーを務めています。ブラジルのウベルランディア国立大学で機械工学の工学士号を取得。