本文へ移動

車両の最適な熱管理アーキテクチャを設計初期に決定して、車両の安全性を確保

オンデマンド・ウェビナー | 30 分

車両の熱管理アーキテクチャを最適化するSimcenterのシミュレーションソリューション

Simcenter Amesimを使って車両の熱管理システムを最適化

自動車産業における車両の熱管理は、複数の部門が関わる重要な作業です。熱管理エンジニアは、エンジン設計を担当する同僚や車両設計部門から届くデータを頼りに熱システムを設計し始め、それをもとにアーキテクチャの最初の熱評価を得ることができます。冷却システムの第一の目的は、いかなる運転条件、いかなるドライブサイクルでも車両の安全性を確保すると同時に、車両統合段階には期待されたレベルの車両性能と排気量を達成することです。プロジェクト時間とコストを抑えながら、(相反することも多い) すべての要件を満たすシステムを開発するには、設計初期に前倒しでエンジニアリング判断ができるシミュレーションソリューションの実装が必要です。

この30分のウェビナーでは、車両熱管理の専門家であるThomas Desbaratsが、シーメンスのSimcenterシミュレーションソリューションを例にとり、次のようなシステムシミュレーションの新たな活用法を紹介します。

  • 不足のデータ (エンジンマップ、熱交換器のパフォーマンスと気流速度) を簡単に構築して設計前段階でリアルなモデルを取得し、情報が入手できる前から熱系統の寸法やパフォーマンスを予測
  • さまざまな制約 (コスト、時間、設計要件、燃費など) のバランスを取りながら、システムの安全性確保につながる設計初期の決断を促進
  • 暖機システムと冷却システムの両方の熱管理ニーズに合わせて、エンジンと車両のアーキテクチャを開発早期にシームレスに改良

このウェビナーは英語です。