制御方式の開発、検証、および妥当性確認をSimcenterでフロントローディングする

オンデマンド・ウェビナー | 38 分

スマートな車両の開発を進めるためには、設計サイクルの中で設計プロセスを前倒しし、制御と機械のエンジニアリングを継続的に統合することが不可欠です。

機械設計と機能ソフトウェア設計を同時進行させるプロセスを導入し、コントローラー試験や仮想調整に備えることで、クラス最高の制御設計を迅速に実行できます。

このウェビナーで紹介する内容

  • クローズド・ループ設計によって、より良い車両アーキテクチャーを素早く選択でき、初回試作の試験前の初期段階で統合の問題を検出できる理由
  • 同時進行型のアプローチで「デジタル・ツイン」のエンジニアリング手法を採用することによって、制御およびソフトウェアエンジニアリング部門がクラス最高のメカトロニクスシステムを開発および検証できる理由
  • ルノー、マツダ、デンソーなどの企業が、高品質のスマートなソフトウェアとE/Eネットワークを設計するためのソリューション導入に最短期間で成功した事例