本文へ移動

モデルベース開発によってコンセプトから検証段階に及ぶ車両NVHを統合

オンデマンド・ウェビナー

NVH性能を評価する境界線を広げるモデルベース開発

モデルベース開発によってコンセプトから検証段階に及ぶ車両NVHを統合
NVH性能を評価する境界線を広げ、時間とコストを削減しながら車両アーキテクチャやバリエーションの評価を支援するモデルベース開発

NVHの統合問題に終盤で対処するのを回避するため、製造企業はテストやトラブルシューティングからシステムシミュレーションへの移行を模索しています。 

このオンラインセミナーでは、モデルベース開発 (MBD) アプローチを採用することで、コンセプト段階からNVH性能を検討する方法を説明します。ジャダー、こもり音、ラトル音、チップイン/チップアウト、エンジン始動/停止、電気モーターのトルクリップルといった実際の例を紹介しながら解説します。また、エネルギー管理や運転のしやすさとNVHのバランスの調整についても取り上げています。 

このアプローチは、ドライバー操作から評価ターゲット、またコンセプト設計から車両全体の検証へと車両NVH性能の境界線を広げ、自動車OEMやサプライヤーが時間とコストを削減しながら、さまざまなアーキテクチャやバリエーションを評価できるよう支援します。

学べる内容:

  • テスト、CAE、システムシミュレーションを組み合わせることで、電気・ハイブリッドエンジン、そして従来の燃焼機関の車両NVHの統合問題を解決
  • 運転しやすさやエネルギー管理とNVHとのバランスを早期に調整
  • 新たなNVH問題に対処する時間を最大50%短縮
ご質問はありますか?