機能デジタル・ツイン - 自動運転車と電気自動車の設計

オンデマンド・ウェビナー | 32 分

自動運転車と電気自動車の製品開発を考え直す

機能デジタル・ツインを使用して、自動運転車と電気自動車の製品開発を考え直す

破壊的な威力を持つ新たな技術とビジネスモデルは、従来の自動車メーカーの生き残りを危うくし、新規参入企業に千載一遇のチャンスをもたらしています。ベンチャーキャピタルの資金援助を受けることも多い新規参入企業にとっては、資金提供を受け続けるために、難易度の高いマイルストーンを達成することが不可欠です。そもそも、多数の電子部品とソフトウェアを実装している自動車は実際のところ、どのように設計されているのでしょうか。

デジタル・ツインと機能システム・エンジニアリング

モデルベースのシステムエンジニアリングに緊密に連携している機能デジタル・ツインは、重要な概念です。機能デジタル・ツインのアプリケーションは、開発時間の大幅な短縮、コンプライアンス遵守、エンジニアリングのイノベーションを可能にします。このプレゼンテーションは、機能デジタル・ツインの基盤となる考え方を明らかにし、最新の設計自動化ツールがアイデアを実現する方法を説明します。

このウェビナーで学べる内容

  • 自動車の設計方法を一変しつつあるデジタライゼーション
  • 次世代の自動車開発のためのシステムエンジニアリング
  • 機能デジタル・ツインがエンジニアリングにとって重要である理由

このウェビナーの対象者

  • 技術マネージャー
  • 技術ディレクター
  • 製品担当マネージャー