車両ボディのエンジニアリングの水準を上げる

オンデマンド・ウェビナー | 42 分

車両ボディコンセプトをモデリングし、ホワイトボディの動的プロパティをトリムドボディのHVH性能に関連付ける

車両ボディのエンジニアリング

ボディの軽量化は、車両全体の重量に大きく影響します。ボディの軽量化にともない、シャーシも軽量化され、エンジンとバッテリーまたは燃料タンクも小型化する必要があります。自動車の電動化と軽量化の戦略を推し進める自動車メーカーは、設計早期に車体開発に取り組むことのできるバランスの取れたアプローチを求めています。

こちらのウェビナーでは、車両ボディの目標値をコンセプト設計段階に定義することで開発コストを抑えるという、これまでよりも高い水準の車両ボディエンジニアリングを達成する方法を説明します。そうした目標を達成するため、Simcenterソリューションはコンセプトモデリングを使用し、トリムドボディとホワイトボディを関連付けるとともに、シミュレーションと試験のソリューションを統合しています。

車両ボディエンジニアリングに関するこちらのウェビナーで学べる内容

  • ホワイトボディをトリムドボディに進化させる方法
  • コンセプト段階にNVH (振動騒音) の性能を評価および最適化する方法
  • ホワイトボディ構造で目標値を設定する方法
  • 車両ボディ全体の静的および動的剛性を理解する

このウェビナーで紹介する車両ボディエンジニアリングアプローチを自動車OEMが導入すると、重量の影響を理解し、動的性能を最適化し、NVH品質を向上できます。

コンセプトモデリングを設計判断に活用

車両の軽量化は、両立の難しい機能性能のバランスを取るという難しいエンジニアリングタスクを伴います。コンセプトモデリングは、その背後にあるメカニズムを解析することにより、設計判断を前倒しするプロセスです。コンセプトのモデリング手法をニューラルネットワークの機械学習に適用すると、トリムドボディの性能とホワイトボディ設計の相関性が向上します。

例えば、ロードノイズと操安性能の関係性に対する知見を得るためにコンセプトモデリングを活用するケースもあります。自動車メーカーはこれにより、バランスの取れた優れた設計判断を早期に下し、コストを削減し、市場投入期間を短縮できます。

ホワイトボディ段階のNVH目標を設定

車両ボディのNVH目標は通常、ホワイトボディ構造に対して設定するものの、その性能評価はトリムドボディを対象にしています。両者の目標値を相関するのは難しく、従来は経験則やベンチマーク調査に頼っていました。しかし、電気自動車と軽量化の流れを受けて、これまでのやり方は通用しなくなりつつあります。参照用ボディフレーム頼みでは、車両ボディをエンジニアリングすることはできません。 

このウェビナーに視聴して、ホワイトボディのNVH性能を評価する方法を学びましょう。ここで紹介するアプローチであれば、設計早期に低コストでHVHを最適化できます。

剛性の変更を早期に評価することで、設計サイクルを短縮

車両ボディエンジニアリングのエキスパートは、すべての設計指標を満たす車両を開発するため、剛性の変更が車両ボディ全体の動作にどう影響するかを調査します。剛性変更のコンセプトを暫定的なFEモデルに適用することで、自動車メーカーは、設計の早い段階でクリティカルな性能を最適化できます。

こちらのウェビナーは、車両ボディ全体の剛性またはハードポイントの静的剛性を識別するための剛性最適化がテーマです。動的剛性を静的剛性に換算する手法とMLMM (Maximum Likelihood estimation of the Modal Model) を使用することで、自動車メーカーは動的ボディ属性に与える影響を客観的かつ高精度に把握できます。

車両ボディエンジニアリングのエキスパート向けのウェビナー

こちらのウェビナーは、ホワイトボディの目標値とトリムドボディの性能を達成することを目指し、NVH (振動騒音) 解析、3D CAE、車両ボディエンジニアリングを進めているエキスパートと解析専門家を対象としています。一方、電気自動車や軽量化に取り組む設計者の方々にも有用な情報をデモでご紹介する予定です。

Simcenterの開発を手掛けたエキスパート集団はこれまで、いくつもの車両ボディエンジニアリングプロジェクトを成功に導いてきました。例えばWorldAutoSteelのFutureSteelVehicleプロジェクトでも、NVHの問題領域を特定し、解析するのを支援しました。その結果、WorldAutoSteelは車両ボディの35%軽量化を実現しました。これは、厳格な軽量化目標の達成に鉄鋼技術が有力な選択肢であること、早期段階のNVH解析がプラットフォームのコンセプト設計に利点があることを実証するものです。

WorldAutoSteelのユーザー事例の全文を読む

Stefano Orlando

Stefano Orlando

機械工学の科学修士。Simcenterエンジニアリング&コンサルティングサービス 技術エキスパート, Siemens Digital Industries Software

Stefano Orlandoはシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアに入社以来12年間にわたり、エンジニアリング&コンサルティングサービス部門で複数の職種を経験してきました。現在は技術エキスパートとして、自動車ボディの概念設計とeパワートレインのNVHに関する新技術の開発および展開を担っています。