テストとシミュレーションによって自動車のエネルギー効率に関するベンチマーク調査を加速させる

オンデマンド・ウェビナー | 40 分

性能目標を賢く設定し、電気自動車の開発プログラムを迅速に立ち上げる方法

テストとシミュレーションによって自動車のエネルギー効率に関するベンチマーク調査を加速させる

車両ベンチマークの調査は、標準的な製品開発サイクルでの重要かつ必須な要素です。ここから、サブシステムレベルで目標を設定するという最初のステップへと進めます。自動車の電動化に伴い、その厳しいエネルギー効率レベルや性能目標を達成するために、多くのアーキテクチャーにその可能性が見いだされています。これらのアーキテクチャーで重要な部分が、パワートレインの熱管理とバッテリーの冷却です。空冷、液冷、冷媒を使ったチラー、あるいは車室内の冷房も含む高度なシステムなど、どの技術を選択するかは、全体のエネルギーバランスに大きく影響します。競争力を高めるには、すべてのアーキテクチャー案について、性能目標レベルに関する知見を早めに得ておくことが欠かせません。何百もの自動車アーキテクチャーを限られた時間内で評価するには、新しい開発手法が必要となり、なかでもシミュレーションとテストが果たす役割は重要です。

このウェビナーでは、シーメンスのエキスパートが自動車のベンチマーク調査と、目標設定および要件定義、技術やアーキテクチャーの選定を一体的に支援する手法を紹介します。これにより、相反するように見える要件のバランスをうまくとり、最適化することが可能です。シーメンスの提供するポスト処理アプローチがデータの迅速な活用に役立つこと、およびテストとシミュレーションの枠組みが、革新的な設計案やアーキテクチャーの選択肢に関して、よりよい知見を提供し、競合他社への勝利につながることを解説します。

自動車のエネルギー管理を最適化するための適切な車両ベンチマーク調査の枠組みを実装する方法

このウェビナーで学べる内容:

  • 既存の車両と試験予定の車両の両方から、一貫性のある標準化されたデータとモデルが確実に生成されるワークフロー
  • 適切なベンチマーク車両を選定するために正しい判断を下す方法 
  • 開発構想に参加し、次回の車両開発プロジェクトを主導するために必要なこと 
  • プロセス全体を支援しながら、車両の1Dシミュレーションモデルを作成、検証することにより、生データを改善し、さらに多くの知見を得て、設計部門にとって価値ある新データを生成する方法