シミュレーションを使用して、より高性能のAVセンサーを設計

オンデマンド・ウェビナー

大規模な検証/妥当性確認を行ってセンサーを設計

自動運転車は、安全性が厳格に保証されないと、「広く一般に受け入れられる」という次のステップには進めません。安全かつ商業的に採算の合う自動運転車を実現する重要な要素の1つは、さまざまなセンサーによる360度の高信頼性、高品質センシング (認知) です。測定範囲や分解能を犠牲にすることなくサイズ、視覚的側面、コスト、消費電力の要件を満たすセンサーを設計することも重要でしょう。しかし最も重要なのは、センサーを車両に統合して、あらゆる天候条件、走行シナリオで性能と耐久性を検証することです。これを実際のテストだけで行うことはできません。シミュレーションを使って大規模な検証/妥当性確認を行う必要があります。しかしそれにはセンサーベンダーとOEMの両方が適切なツールと手法を実装しなければなりません。  

このウェブセミナーでは、シーメンスのエキスパートがセンサー設計のツールと手法のポートフォリオを紹介します。 

  • センサーレベル (レーダー、ライダー、超音波、カメラなど) および車両レベルで、マルチフィジックスセンサーの性能を設計し、多属性の要件を検証する方法
  • 統合する際にセンサーエコシステムの性能を、任意の数の交通/テストシナリオで大規模に仮想検証/妥当性確認する方法