本文へ移動

自動運転の検証に対応したマルチシナリオ・シミュレーション

オンデマンド・ウェビナー | 44 分

ADASおよび自動運転システムが徹底的にテストされたことを確認

検証/妥当性確認フレームワーク

自動車は限られた使用ケースに対してのみ認定されれば良いものではなくなりました。また、非常事態が起きたときはドライバーがいつでも運転を代われなくてはなりません。自動化レベルが向上するにつれて、必要なテストケースの数は大幅に増加します。

さまざまな交通シナリオの大規模シミュレーションを実行できる検証/妥当性確認フレームワークを構築して、車両全体のパフォーマンスを確認するためには、2つの重要な要素が必要です。つまり、テスト自動化ツールチェーンと、車両、センサー、環境の正確な仮想表現です。

このウェビナーに登録して、データ管理、テスト自動化、結果のポストプロセス機能を統合したシームレスなワークフローについて学びましょう。

内容:

  • 複数の製品 (Simcenter Prescan、HEEDS、Amesim) を統合したシームレスなワークフロー
  • 自動生成および自動実行される複数のシナリオとシミュレーション
  • 非常に詳細で正確なシナリオ作成

講演者:

Enguerrand Prioux

プロダクト・ライン・マネージャー, Siemens PLM Software