本文へ移動

GoFlyコンテストが目指す革新的な推進概念の開発におけるデジタル・ツインの役割

オンデマンド・ウェビナー

機械学習を利用してデザインのイノベーションを起こし、GoFly X賞の獲得を競い合う、アーバンエアモビリティ各社

ゲストスピーカー: HEKA、Ricardo Romeu氏

航空機産業で最も急成長している分野の1つが、空飛ぶタクシー (Airtaxi) と空飛ぶクルマ (アーバンエアモビリティ) です。ボーイングはイノベーションを促進するために、垂直離着陸 (VTOL) 機能を有し、性能目標を満たした「空飛ぶクルマ」を設計して実証できる会社にGoFly X賞を贈るコンテストを主催しています。

多くの航空機設計者を悩ませる大きな課題の1つは、特異な推進要件です。GoFlyコンテストへ参加するには、コントロールを保ちながら垂直離着陸から前方飛行へ移行できなければなりません。従来の推進装置ではこの移行を効率的に行えず、数多くの困難な技術課題に直面します。

こうした課題に奮起したある航空宇宙関連のスタートアップ企業は、よりスマートな推力を生成して業界を変動させようと計画しました。フロリダ州を拠点とする航空宇宙関連のスタートアップ企業HEKAは、ベクトル推力によるまったく新しい推進装置を開発しています。この新しい技術を試す場として、HEKAはGoFlyコンテストの第2段階への参加を目指しています。HEKAの目標は、間もなく迎える個人飛行や空飛ぶタクシーの大変革時代に中心的な推進コンポーネントを提供できるようにすることです。 

HEKAは、GoFlyコンテストが要件として掲げる航空力学と推進の課題に挑むために、Simcenter STAR-CCM+とインテリジェントな設計検索技術を使用しています。これらの課題には、離陸 / 着陸領域内で垂直離着陸の機能を実証し、制限時間内に1海里の航路を6周することなどが含まれます。同時に、最大風速15ノットまでは安定した飛行を維持できる、超小型で軽量の有人飛行を目指さなければなりません。 

このウェビナーの内容

  • 航空機設計におけるデジタル・ツインの役割
  • プロセス早期に最適な設計を特定し、コストを削減する方法
  • ベクトル推力による垂直離着陸機能を備える航空機の未来