最新の伝達経路解析 (TPA) 手法で車両のNVHをより深く迅速に把握

オンデマンド・ウェビナー

タイムドメイン、ひずみ基準、コンポーネントベース、Blocked Force、モデルベースなどのTPA手法を使って、従来の伝達経路解析アプリケーションより高度な解析を実現

伝達経路解析
タイムドメイン、ひずみ基準、コンポーネントベース、Blocked Force、モデルベースなどのTPA手法を使って、従来の伝達経路解析アプリケーションより高度な解析を実現

従来の伝達経路解析 (TPA) 手法は現在も有効で広く使用されていますが、新しい手法も開発されています。このウェビナーでは、車両の騒音、振動、ハーシュネス (NVH) をより深く、迅速に把握できる最新のTPA手法について重点的に説明します。マウント剛性法、マトリックス反転法、OPAX法、ひずみ基準法、タイムドメインおよびモデルベース法からコンポーネントベース法にいたるさまざまなTPA技法を事例とともに紹介しています。

  • さまざまな電装経路解析手法とその用例の概要について理解する
  • ひずみセンサーを使って交通騒音と快適性を向上させる
  • タイムドメインおよびモデルベースのTPA手法を適用して過渡的な影響を調べる
  • コンポーネントベースTPA手法を使って統合前にソースからコンポーネント間のNVH挙動を予測する