本文へ移動

ビークルダイナミクス・シミュレーションの要件を満たすタイヤテストとモデルのパラメーター化

オンデマンド・ウェビナー | 43 分

単一のタイヤモデルを使用したマルチドメインアプリケーションの4つの例

ビークルダイナミクスのタイヤモデルは、モデル精度と予測解析で最高水準の要求を満たす必要があります。さまざまなシステムターゲット、プラットフォーム、ツール、操縦テストがあるため、OEMでは再利用可能な統一のタイヤモデルを定義することが困難になっています。このため複数のアプリケーションのさまざまなテストやパラメーター化プロセスを並行して実行することも珍しくありません。

このウェブセミナーでは、単一のタイヤモデルと統合パラメーターを複数ドメインのアプリケーションで利用するメソドロジーを紹介します。Simcenterソリューションは、目的に合ったモデルを提供し、精度とコストの最適なバランスを保証します。

シーメンスと大手乗用車OEMの協働による、タイヤテストとパラメーター化の4つのアプリケーション例を紹介します。

  • ABSブレーキ - タイヤの過渡応答をコスト効率良く特定
  • 低摩擦ESCコントローラーのチューニング - 正確な低摩擦タイヤテストを実行
  • 極限対応 - 複数のスリップ条件を組み合わせて行うタイヤテストの数と、モデルの精度レベルの最適なバランスを定義
  • 駐車 - 通常のタイヤモデルを拡張して低速操縦に対応

必要なタイヤモデルのパラメーターが分かっている場合は、さまざまなアプリケーションの100に上る事前定義/検証済みパラメーターセット(路上スリップ特性など) を提供するオンラインプラットフォームのSimcenter タイヤモデル関連ストアを利用できます。これらのタイヤモデルをダウンロードして、コストとスループット時間を大幅に削減できます。