製造を自動化して納期を短縮

オンデマンド・ウェビナー

ウェビナー: 工場自動化テクノロジーでリードタイムを短縮

工場自動化テクノロジーでリードタイムを短縮

競争の激化する今日の市場で成功するには、産業機械メーカーは、オペレーション効率と工場管理を向上させるソリューションを実装する必要があります。これは、デジタル・ツインとクローズド・ループで接続し、生産状況とスケジュールを完全に可視化しながら、施設内の部品の流れを加速することで可能になります。生産オペレーション全体を接続してデータの転送や複製を削減し、コラボレーションを改善してすべての工場プロセスを自動化する必要があります。

デジタル部品の生産に破壊的な影響を及ぼす製造自動化

メーカーは、デジタルプロセスと物理プロセスを完全に統合し、継続的なデジタル通信とフィードバックのループを構築して、部品設計への変更が、より広範なデジタル部品製造プロセスにどのような影響を及ぼすのかを把握する必要があります。これには、さまざまな方法 (高度に自動化されたCAM、同期部品製造、アディティブ・マニュファクチャリング、オペレーション・インテリジェンスなど) があります。

モデル駆動型部品製造向けに完全統合されたツール

このウェビナーでは、高度に自動化されたデジタル製造向けCADソリューションが、次に挙げる新たなレベルの自動化をどのように実現しているのかを説明しています。

  • 個々の機械工場に合ったレベルで自動化
  • CAM固有のプログラミングの自動化:
    • ボリューム・ベースのプログラミング
    • フィーチャーベース加工
    • ナレッジの取り込みと再利用
  • 高性能ロボット、産業3Dプリンター、CMMの制御
  • 全自動化の可能性

発表者 Vynce Paradise

Vynce Paradiseは現在、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアで金型加工ソフトウェアNX CAMの製品開発チームを統括しています。過去には、多軸3DプリントとCAMロボットの開発プロジェクトも指揮してきました。米国カリフォルニア州サイプレスを拠点として活動するVynceは、CAD / CAMソフトウェア業界で幅広い経験を積んでいます。