本文へ移動

高度な機械エンジニアリング: マルチドメインBOM管理と製品リスト管理

オンデマンド・ウェビナー | 23 分

マルチドメインBOM管理により製品イノベーションを合理化するための戦略

シーメンスのマルチドメイン部品表 (BOM) 管理ソフトウェア Teamcenterで製造効率を最適化

総合的なデジタル製造アプローチの最も重要な要素の1つは、マルチドメインのBOM管理戦略です。残念ながら、多くの企業がこの基本要件への対処に苦慮しています。調査によると、BOMの80%にはエラーが含まれ、BOMの40%には部分的なエラーや一貫性のない内容、無効なサプライヤーデータ、情報の欠落があり、8%には旧式の部品データが含まれています。

既存の機械や試作機にコストのかかる変更を加えずに済むように、機械の完全なデジタル・ツイン、そして完全なデジタルBOM (部品表) が必要です。そのためには、自社内および顧客企業の機械 (MCAD)、電子・電気 (ECAD)、ソフトウェアチーム間で、ドメインを超えた緊密な部品表 (BOM) 管理の連携が必要です。

製造部品表 (BOM) とは何か。

製造部品表とは何でしょうか。また、それが重要なのはなぜでしょうか。通常、機械を構築する場合、顧客の要件ごとの基準セットに基づいて、さまざまなコンポーネントやサブコンポーネント、アセンブリからメニューを選択する受注構成製品 (CTO) プロセスという方式があります。部品表は、パートナーと連携してさまざまなサブアセンブリを1つにまとめたものです。現在では機械メーカーのほとんどが受注構成製品 (CTO) を目指しているため、部品表によって顧客のカスタマイズ要求に柔軟に対応できるようになりました。

このウェビナーで紹介するマルチドメインBOM管理の利点

製造業の産業機械では、かつてないほどの最先端技術の発展が続いています。マルチドメインのBOMを管理し、最新の製造および組み立て工程を設計、検証、管理して優れた価値を実現すると同時に、コストを最適化するには、気の遠くなるような工数がかかります。しかし、マルチドメインのBOM管理ができれば、次のような多大な利点があります。

  • 製品についての完全な理解を共有
  • マルチドメインのエンジニアリング、製造、プロセスBOMを管理
  • 他のエンタープライズアプリケーションと接続
  • 製品構成とバリエーションを最適化

高度な機械エンジニアリングでスマートなBOM管理

設計と組み立ての一貫したバランスを保つためには、すべてのエンジニアリング分野に、敏捷性を高めるための高いレベルの能力計画が不可欠です。したがって、複雑な機械的問題と電気的問題を、部品表 (BOM) 内で個別に分類しながら、特定または解消することが重要です。部品表 (BOM) を管理することで、機能、フィーチャ、コンポーネントを含む機械、電気、ソフトウェアソリューションを、BOMに統合することができます。単なる各個別ドメインではない、マシン全体を表すものになります。

登録フォームに必要事項を入力して、シーメンスの高度な機械エンジニアリングを用いて部品表 (BOM) と工程表 (BOP) をマスターする方法を学びましょう。

ご質問はありますか?