本文へ移動

尿検査をデジタル化: 尿化学分析装置のデジタル・ツインを作成

オンデマンド・ウェビナー

シミュレーションや設計探索を活用することで、医療機器開発における競争力を維持できるとともに、加速する設計サイクルやリスクマネジメントなどの課題に対処できるようになることがわかります。

どの医療機器開発者も、作っているものが埋め込み型装置の場合でも、薬物送達システムまたは診断検査装置の場合でも、製品が安全で効果的であることを立証するエビデンスを生成する必要があります。シミュレーションはこのプロセスにおいてますます重要な役割を果たしています。つまり、開発する機器のデジタル・ツインを作成することで、製品パフォーマンスを立証するのに役立ち、次世代のデザインを向上させる知見を深めて競争力を維持できます。

尿化学分析装置のピペット分注器の例を用いて、医療機器コンポーネントのシミュレーションに数値流体力学 (CFD) を取り入れる方法をデモでご覧いただきながら、デジタライゼーションを実感いただけます。このオンラインセミナーでは、Simcenter STAR-CCM+を使って、既存機器のパフォーマンスを評価したり、まったく新しい機器を設計したりする方法を説明します。

また、シーメンスPLMソフトウェアの製品ポートフォリオを使うことで、デジタルエビデンスの生成が可能になり、以下の利点をもたらすことも説明します。

  • ベンチトップテストのコスト削減
  • 規制に関する承認プロセスの加速化

概要説明に続いて、Simcenter STAR-CCM+とDesign Managerの機能を深く掘り下げ、デジタル・ツインの注目の機能をデモで紹介します。この機能によって設計バリエーションを迅速かつ簡単に生成してテストし、最良のデザインを見きわめながら、変更を検討できます。