システムシミュレーションを活用して、xEV設計を自動で最適化

オンデマンド・ウェビナー | 48 分

設計の初期段階にアーキテクチャを自動で定義

システムシミュレーションの自動化
システムシミュレーションの自動化

電動車両の新しいコンセプトの開発は、想像するほど容易ではありません。エンジニアが最初に使えるのは僅かなレガシーデータだけで、アーキテクチャやシステムの選択肢を比較したり、それらの性能レベルを確認する手段も限られています。シミュレーションを活用すれば、まったく白紙から始めるのではなく、シミュレーションをベースにして新しいコンセプトを開発することができます。エンジニアリングの初期段階に、使いやすく予測可能なモデルを使用して設計の選択肢を検討し、設計性能を予測、評価して、要件を満たすように設計を最適化できます。

シーメンスの専門家が、マルチレベル、マルチフィジックス・システムシミュレーションの手法と、xEV設計の自動最適化を導入する方法を紹介します。このアプローチにより、要件と性能の目標に基づいて、設計性能の最適な妥協点を素早く見つけることができます。

初期段階に設計判断を下して性能レベルを達成し (フロントローディング)、土壇場で設計の欠陥が見つかる事態を回避

このウェビナーで学べる内容

  • 合理的なシステムシミュレーション手法を実装して、多基準 (性能レベル)、複数パラメーター (設計) の解析を実行
  • 既存の要件と目標に基づいて信頼性の高いモデルを簡単に構築
  • 新しいパラメーターでモデルをシームレスに変更し、設計領域を探索して性能レベルを最適化
  • 最適化プロセスを自動化し、コンポーネントとシステムのパラメーターを微調整

講演者の紹介:

Thomas Desbarats

事業開発マネージャー, Siemens Digital Industries Software

Thomasは、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアで、Simcenterポートフォリオの熱アプリケーション事業開発マネージャーを務めています。フランスの1Dアプリケーションエンジニア・チームのマネージャーを5年以上務め、地域、鉄道、および自動車の市場を担当してきました。

Lionel Broglia

事業開発マネージャー, Siemens Digital Industries Software

事業開発マネージャーとしてシステム・シミュレーションを担当するLionelは、陸上輸送の電動化に注力しています。機械工学で博士号を修め、1999年から複数領域横断型システムシミュレーションを手掛けてきました。