本文へ移動

3Dシミュレーションを使った高速かつ高精度な強度解析と疲労耐久解析

オンデマンド・ウェビナー | 46 分

CAE疲労耐久解析手法による設計最適化と製品仮想検証

CAEシミュレーションの強度解析および耐久性解析ツールを使って、材料、形状、溶接の変更の影響を予測しつつ、コンポーネントを仮想的に最適化します。

新しい材料、複雑な形状、結合 / 製造プロセスは車両の強度解析や疲労耐久解析に影響を及ぼすため、メーカーは疲労性能を早期から考慮する必要があります。また、既存のメッシュの細かさは溶接解析には十分ではないことから、既存の解析手法を複合材などの新しい材料に適用することはできません。

このウェビナーでは、新しい材料や製造プロセスに対処する方法、構造の問題を正確にシミュレーションする方法、溶接を解析する方法について説明します。また、手法やパラメータを管理しながら、エラーを削減可能な統合的でオープンなアプローチを紹介します。

学べる内容:

  • 溶接など複雑な形状や結合の精度を向上
  • アディティブ・マニュファクチャリングを取り入れながら、あらゆる材料の疲労性能の結果を高い確度で取得
  • 統合化されたロバストなプロセスを用いて時間とコストを削減
ご質問はありますか?