本文へ移動

CAEとハードウェアの航空宇宙認証

オンデマンド・ウェビナー | 48 分

安全性と効率性に優れた航空機の統合 / 認定試験のためのデジタル・ツイン技術を探究

宇宙船の統合 / 認証試験

航空機、人工衛星、宇宙探査機は通常、唯一独特のシステムであるため、最終的な宇宙飛行システムそのものも1つの試作品と言えます。打ち上げ後の人工衛星の適切な運行を保証するため、すべての人工衛星は広範囲の環境テストを実施していますが、これは非常にリスクの高い事業と言わざるを得ません。

人工衛星は、打ち上げ負荷に耐えられる構造であるかぎり、過剰な認証試験 (分離衝撃試験、振動試験、音響試験) を回避することが重要です。過剰試験には、部品の故障や、場合により、発射装置の爆発を招くリスクがあるからです。こうしたことから、過剰試験のリスクを少しでも少なくするように認証試験を正しくコントロールする必要があります。

宇宙船と人工衛星の統合 / 認証試験に関するこのウェビナーの内容

  • 人工衛星の振動 / 衝撃 / 音響試験について
  • 宇宙船の構造力学を理解し、モーダル試験を実施する
  • 宇宙船の打ち上げ耐衝撃性を仮想的および物理的に試験する
  • 微小振動の伝達経路を予測する高精度な計器について
  • 仮想試験の準備状況を踏まえ、リスク回避性を試験する

スピーカー:

Mostapha Choukri

事業開発シニアマネージャー, Siemens Digital Industries Software