宇宙システムのパフォーマンス・エンジニアリング

オンデマンド・ウェビナー | 53 分

宇宙システム業界がすべての性能目標を達成するために、新しいデジタル・ツイン技術ができること

宇宙システムのパフォーマンス・エンジニアリング
宇宙システムのパフォーマンス・エンジニアリング

宇宙システムのエンジニアリングには、ミッションのリスクとコストを確実に抑えることが求められます。過酷な環境下での活動が宇宙システムに与える影響を知るには、宇宙システムの構造、推進システム、メカニズム、ソフトウェアが宇宙の軌道でどのように動作するかを把握しておかなければなりません。

それに加えて、非常に今日の激しい環境に身を置いている宇宙システム企業は、開発のスケジュールと予算を遵守しつつ、認可を受ける必要があります。

デジタル・ツインの技術は高度に複雑化した宇宙システムにも対応できるまでに進化しており、システムの設計、開発、仮想試験にシミュレーションが役立てられています。一方で、物理試験でデジタル・ツインのモデルが正しいことを確認する必要があるため、シミュレーションモデルの検証も非常に重要です。

主な内容

  • リスクを減らし、時間とコスト効率を高めつつ、パフォーマンス目標を達成する方法
  • イノベーションをもたらすデジタル・ツインを実装し、物理的な動作についての知見を深める方法
  • 広範囲にわたる認定試験とシミュレーションを緊密に連携させる方法

Thierry Olbrechts

ディレクター, Simcenter Aerospace Industry Solutions