音質の原理

オンデマンド・ウェビナー | 33 分

音質は、製品設計と開発の重要な側面の1つです。このウェビナーは、人間の聴覚が音響品質の認知にどう影響するかを説明します。

音質の指標と評価
音質の指標と評価

音質は、ブランド差別化要素であり、ある商品を別の商品よりも好ましいと感じる嗜好性に大きな影響を与えることもあります。自動車を例に考えてみましょう。自動車には堅牢性と効率性が条件ですが、どのような音を作り出すかも、購買決定に影響を与えることが多いものです。このことは、コンシューマー製品をはじめ、多くの製品にあてはまる真実といえるでしょう。

音質解析の課題は、認知音質が人間の聴覚メカニズムに左右されることにあります。人間の聴覚は、最も一般的な音響テスト装置であるマイクと大きく異なるからです。マイクは音圧レベル (SPL) を測定しますが、人間の脳がどう認知するかまでは考慮しません。音響エンジニアは、こうした側面に対処したうえで、製品の音設計を改善する必要があります。

このウェビナーでは、音質を評価するプロセスの第一歩として、人間の聴力がどう機能するかを学びます。一般的な音質評価プロセスは両耳の音響測定から始まり、収集したデータを主観的および客観的な評価手法で解析されます。これにより、魅力ある音響シグネチャを使用して、成功する製品の設計へとつながります。

学べる内容:

  • 音質測定が重要である理由
  • 人間の聴覚器官が音質に与える影響
  • 第一級のマイクと人間の聴覚の違い
  • 感覚現象と音質の違い