本文へ移動

【ウェブセミナー】音源可視化のためのマイクロフォンアレイ選定戦略

オンデマンドウェビナー | 60 分

音源探査に用いられるマイクロフォンアレイを選定する上で特に重要な指標となる各種解析手法とその特徴をご紹介します。

 

近年、製品が発する騒音問題に対する要求が一段と厳しくなってきています。高まる騒音源探査への期待に呼応するようにさまざまな製品が販売されていますが、購入を検討する上で最も大切な“自分が悩んでいる騒音の発生源の特定に十分な能力を持っているかどうか“を判断することは容易ではありません。

本ウェビナーでは、音源探査に用いられるマイクロフォンアレイを選定する上で特に重要な指標となる各種解析手法とその特徴および、Simcenter Sound Cameraの実績に基づいた下記の計測・解析操作についてご紹介申し上げます。

マイクロフォンアレイの性能(ハードウェア) 
ビームフォーミング(基本手法、中・高周波数帯域用) 
近距離場音響ホログラフィ(応用手法、低周波数帯域用)
新機能のベイジアンフォーカシング(最新手法、最高分解能)

視聴方法:右側のフォームにご入力後、「登録する」を押して下さい。 
本ページ上に動画がでてきますのですぐにご覧いただけます。

主  催:シーメンス株式会社    

お問合 :こちらからお問合せください。


※同業他社様の参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。
当社の個人情報保護方針については、こちらをご参照ください。
https://www.siemens.com/jp/ja/home/general/skk-privacy-policy.html