世界的なマイクロコントローラーの不足が引き起こすECUソフトウェア生産課題の解決策

オンデマンド・ウェビナー | 26 分

ECUソフトウェアの生産課題に対処するために、ECU設計を仮想環境で実行するオプションを検討する。

ECUソフトウェアの生産課題に対処するために、ECU設計を仮想環境で実行するオプションを検討する。

マイクロコントローラー (MCU) の供給中断が続いたり、供給不足の兆しが見える中で、自動車企業はそれによる生産ラインの停止という事態に直面しています。電気自動車の生産にも使われる電子製品への需要の高まりが、この問題を悪化させています。しかし、生産開始期日という重要な日を遅らせない解決策が存在しています。このウェビナーは、AUTOSARソフトウェア標準仕様に基づいたECUソフトウェアの設計チームが使える選択肢を紹介します。マイクロコントローラーの生産量が回復するまで、組み込みソフトウェアプロジェクトを別のマイクロコントローラーに切り替えたり、ECU設計を仮想環境で実行する方法を取り上げます。

ECUの生産課題に関してウェビナーで扱う内容

  • 世界的なMCU不足の背景と、生産日程の問題に直面している自動車OEMおよびTier 1各社が利用できる選択肢
  • 組み込みソフトウェアを別のマイクロコントローラーに移植する方法と所要時間
  • 並行仮想環境を稼働させて行うECUアプリケーションの設計とデバッグ
  • 切り替えの判断を下すための時間とコストのトレードオフ
  • ECU開発プログラムを進める企業向けのシーメンスのサービスとサポート

MCU不足の生産への影響に関心をお持ちの方

  • 車載ネットワークセキュリティに関心をお持ちのソフトウェアおよびシステムアーキテクト
  • エンジニアリング担当ディレクターおよびマネージャー
  • 品質担当ディレクター
  • 自動車関連の製品管理者とソリューションアーキテクト
  • 車載製品セキュリティのエンジニアおよび管理職
  • 製品セキュリティ担当者、エンジニアリングマネージャー、および技術担当ディレクター