本文へ移動

SolidWorks用のPDMの極意を引き出す

オンデマンド・ウェビナー | 30 分

さまざまなアプリケーションや場所に存在する設計データを単一の安全なシステムへと集約することで、関係者全員がデータを簡単に検索して再利用するSolidWorks PDMをご覧ください。

SolidWorks 用のPDMシステムでエンジニアリング生産性を25%向上

SolidWorks PDMの新たなアプローチ

SolidWorks PDMをこれから使用するのであれば、世界で最も広く使用されている製品ライフサイクル管理 (PLM) ソフトウェアの事前構成済みデリバリーオプションであるTeamcenter Rapid Startを検討してみる価値があります。Teamcenter Rapid Startであれば、導入から使用開始までわずか1週間足らずです。さまざまなアプリケーションや場所に存在する設計データを単一の安全なシステムへと集約することで、関係者全員がデータを簡単に検索して再利用することができます。SolidWorksに付属のPLMを使用できるうえ、SolidWorksの非ユーザーであっても、任意のWebブラウザから製品情報とプロセスにアクセスできます。

SolidWorks用のPDMシステムの利点:

SolidWorksのユーザーと非ユーザー間のコラボレーションを強化

  • SolidWorksからも、任意のWebブラウザからもPLMにアクセス可能
  • 機械系設計チームと電気系設計チームのコラボレーション
  • 設計データや文書を含むあらゆる製品関連情報を管理
  • マルチCAD対応のクロスドメインの部品表 (BOM) を管理。組織規模でのBOMの視覚化
  • 製品構成とバリエーションを制御
  • 使いやすいテンプレートで変更プロセスを自動化、管理
  • 視覚的な製品設計データへの全体的なアクセス

SolidWorks用のPDMシステムで大幅な時間の削減に成功したBladon Micro Turbine

Bladon Micro Turbineの革新的なチームは10名のSolidWorksユーザーで構成されており、今回、SolidWorksのデータとプロセスを管理するためにTeamcenter Rapid Startを選びました。PLMへのアクセスが容易になり、全社規模で何千人時の削減が見込まれています。