革命的な変化: 車両システムとソフトウェア駆動アーキテクチャ

オンデマンド・ウェビナー | 24 分

複雑な自動車システムが変えつつある自動車業界

市場のニーズに応える次世代車両を開発するための車両システム/ソフトウェア駆動アーキテクチャを学びます。
市場のニーズに応える次世代車両を開発するための車両システム/ソフトウェア駆動アーキテクチャを学びます。

自動車設計は、ソフトウェアが革新的な商機を左右するようになったことで急速に複雑化しつつあり、自動車エンジニアが使用するツールと手法には限界が見えてきました。自動車のセーフティ・クリティカル・システムや快適装備のオペレーションの大半を占める電気/電子システムでこうした傾向は顕著です。変化の激しい市場に付いていくため、自動車メーカーは高精度で最適なシステムを設計できる手法を求めています。こちらのプレゼンテーションは、新しいモビリティ時代の自動車の実現に立ちはだかる技術的な課題とそれを解決するアプローチを論じます。

アジャイル開発プロセスを加速させるソフトウェア

ブランドに対する消費者の忠誠度は様変わりしました。今日、ADASなどの安全機能で他メーカーの方が優れていれば乗り換えると答えた消費者が66%にのぼります。エンジン性能や自動車操作性であった自動車の魅力が今ではデジタル統合に移ってきました。多くのソフトウェアコンテンツをサポートするため、自動車を設計、開発、改修する方法はどう変わっていくのでしょうか。

このウェビナーで学べる内容

  • 次世代の自動車に求められる技術
  • E/Eアーキテクチャに関する主な検討事項
  • エンジニアリングワークフローと設計データ共有を向上させる方法

新しい自動車業界のすがたを考える本ウェビナーの対象者

  • システムとソフトウェアのアーキテクト
  • 車載製品マネージャーとソリューションアーキテクト
  • エンジニアリングマネージャーおよび技術担当ディレクター

発表者の紹介

David Wallace

IES市場開発マネージャー, Siemens Digital Industries Software

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアで市場開発マネージャーを務め、自動車業界の顧客との協業に力を入れています。過去20年以上にわたり、システムアーキテクト、ソフトウェアエンジニアリング、CapitalツールとHDLソリューションの製品マネージャーなど、いくつものエンジニアリング職を歴任してきました。デ・モントフォート大学でソフトウェア工学の学士号を取得。